【練習問題】(52)複合格助詞

2021年5月4日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【複合格助詞】
 1 発熱のため、数日休ませてください。
 2 健康診断の結果についてお話します。
 3 当時の対応に対して批判が出ている。
 4 虫がびっしりと窓について離れない。
 5 これからも彼女とともに歩んでいく。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 複合格助詞は、格助詞では表しきれない意味を表すことができる格助詞相当の表現です。
 「妻とともに歩んでいく」は「妻と歩んでいく」よりも相手の存在にフォーカスを当て、明示的に表しています。意味をより具体的に、明示的にする機能があります。

 1 「発熱で」と言い換えられるので複合格助詞
 2 「結果を」と言い換えられるので複合格助詞
 3 「対応に」と言い換えられるので複合格助詞
 4 動詞「つく」のテ形で、複合格助詞ではありません。動詞です。
 5 「彼女と」と言い換えられるので複合格助詞

 したがって答えは4です。





2021年5月4日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題