【練習問題】(45)動詞の項の数

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【動詞の項の数】
 1 犯人が路上で暴れる
 2 生徒が学校から帰る
 3 友達の用事に付き合う
 4 深夜にスマホをいじる
 5 その態度にむかつく

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 その動詞に必須な名詞をと言います。
 必須ではないものは付加詞と言います。

 各選択肢には例文がありますが、項が欠けているものもあるし、付加詞もあるしで、騙されないようにしてください。

 1 -ガ   暴れる  (一項動詞)
 2 -ガ-ニ 帰る   (ニ項動詞)
 3 -ガ-ト 付き合う (ニ項動詞)
   -ガ-ニ 付き合う
 4 -ガ-ヲ いじる  (ニ項動詞)
 5 -ガ-ニ むかつく (ニ項動詞)

 必須項は必須であると言っても、実際の場面では上記選択肢のように省略されることもあります。
 コンテクストによって再び言う必要が無い場合は省略されたりします。
 したがって答えは1です。

 




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題