【練習問題】(32)否定の接頭辞

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【否定の接頭辞】
 1 関係
 2 常識
 3 意味
 4 気力
 5 造作

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 否定の接頭辞というと、代表的なものに「不」「無」「未」「非」があります。
 無関係、無意味、無造作、無気力と「無」がつくものの中に、「無」が付かず「非常識」となるものが一つだけ混じっています。
 したがって答えは2です。




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題