【練習問題】(20)五段活用の不規則な動詞

2021年4月29日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題

五段活用の動詞に関して、原則的な活用の仕方に従わない語として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 なる
 2 ある
 3 承る
 4 事故る

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 動詞の活用とあるので、色々な活用をさせてみるといいです。ここではナイ形で試してみるのが正解。

 選択肢1
 「なる」のナイ形は「ならない」、五段動詞です。
 五段動詞のナイ形は「動詞語幹+anai」で作ります。「ならない(nar-anai)」はこの原則に従った活用です。

 選択肢2
 「ある」は実は五段動詞です。
 五段動詞のナイ形は「動詞語幹+anai」で作るので、だとすれば「あらない(ar-anai)」になるはずですが、このような言い方は存在しません。「ある」のナイ形は「ない」です。
 これが原則的な活用の仕方に従わない例外です。

 選択肢3
 「承る」のナイ形は「承らない」。「-anai」がありますので原則に従った活用です。

 選択肢4
 体言「事故」に接尾辞「る」をつけて五段動詞としたものが「事故る」です。
 ナイ形にすると「事故らない」と「-anai」が出てくるので、原則に従った活用です。

 したがって答えは2です。





2021年4月29日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題