【練習問題】(10)五段動詞過去形と音便の関係

五段動詞の過去を表す形式に/-da/が現れることがある。/-da/が現れることと関係の深い音韻現象として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 イ音便と撥音便
 2 イ音便と促音便
 3 撥音便と促音便
 4 撥音便とウ音便

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 五段動詞の過去形には、「~た」や「~だ」が現れます。(書いた、脱いだなど…)
 そのうち「~だ」が現れるのは「ぐ」「む」「ぶ」「ぬ」で終わる動詞です。(脱いだ、飲んだ、遊んだ、死んだなど…)

辞書形 テ形 タ形 音韻現象
脱ぐ 脱ぎて 脱いで 脱いだ イ音便
飲む 飲みて 飲んで 飲んだ 撥音便
遊ぶ 遊びて 遊んで 遊んだ 撥音便
死ぬ 死にて 死んで 死んだ 撥音便

 「ぐ」で終わる動詞はテ形に活用する過程でイ音便が、「む」「ぶ」「ぬ」は撥音便が生じています。
 五段動詞の過去を表す形式「~だ」が現れることとイ音便・撥音便は関係が深いです。
 したがって答えは1です。




2022年7月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題