【練習問題】(4)様態副詞

2021年5月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題

「様態副詞」の例として最も適当なものを、次の1~4の中から一つ選べ。
 
 1 まるで暗闇を手探りで歩いているようだ。
 2 みぞおちが急にキリキリと痛み出した。
 3 とてつもなく大きな買い物をした。
 4 やっぱり生まれ育ったここが一番いい。

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

様態副詞
情態副詞
動詞を修飾し、その動作がどのように起こったかを表す副詞。
擬態語、擬音語、擬声語、一部の畳語もこれに含まれます。
陳述副詞 述語の陳述に呼応して用いられる副詞。また、話し手の伝達的態度や事態に対する認識、評価を表す副詞。
程度副詞 形容詞などの状態性の語を修飾してその程度を表す副詞。

 1 「まるで」は「ようだ」と呼応するので、陳述副詞
 2 どのように痛むかに対して「キリキリと」と動詞を修飾しているので様態副詞
 3 大きさを調整しているので程度副詞
 4 話者の気持ちが含まれているので陳述副詞

 したがって答えは2です。





2021年5月1日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題