【質問】「~に学ぶ」の「に」はどういう意味?

質問

質問者さん
(中国)

「~に学ぶ」の「」はどういう意味ですか?
「~を学ぶ」じゃないんですか?

管理人

この「に」は行為や影響を受けるときの相手を表します。
知識や情報の出どころを表す「から」に言い換えられます。

 

「~に学ぶ」の「に」の意味

 (1) 偉人学ぶ生き方
 (2) 高校野球学ぶチームの団結力
 (3) オリンピック選手学ぶモチベーションの保ち方
 (4) 戦国武将学ぶリーダーとしての心得
 (5) 愚者は経験学び、賢者は歴史学ぶ
 (6) 東日本大震災学ぶ、想定外への対処法
 (7) 被害事例学ぶ最近の詐欺手口
 (8) ホステス学ぶ会話を弾ませるコツ
 (9) 失敗学ぶ

 この「に」は行為や影響を受けるときの相手を表します。受身的動作の相手なんて呼ばれたりする「に」です。身近なものだと「先生に褒められた」「彼にプレゼントをもらった」などの「に」と同じ。意味的には知識や情報の出どころを表す「から」にとても近いので、この用法のときは「から」に言い換えられます。ただ、上記の例文のように書籍のタイトル、広告の文言などでは「~に学ぶ」が使いやすく、改まった感じがする言い方です。

 

「~を学ぶ」の「を」はどういう意味?

 「学ぶ」は他動詞だから学ぶ対象にヲ格を取ります。ヲ格で示された要素はつまり対象。学ぶ対象は技能、技術、知識などがあります。

 (10) コツ学ぶ
 (11) 英語学ぶ
 (12) やり方学ぶ

 「~に学ぶ」はニ格なのでヲ格と同じような学ぶ対象を表すことはできません。人、過去、歴史、事例、経験などの語を取りやすいかな。次のように技能、技術、知識などの語をとると変になっちゃいます。

 (13)コツ学ぶ
 (14)英語学ぶ
 (15)プログラミング学ぶ
 (16)やり方学ぶ

 

「歴史を学ぶ」と「歴史に学ぶ」の違い

 (17) 歴史学ぶ
 (18) 歴史学ぶ

 「を」を使うと「歴史」は勉強の対象、つまり教科の一つみたいな感じがします。
 でも「に」を使うと勉強よりももっとレベルの高い学びな感じ。歴史を教訓として自分の中に何かを吸収するといった意味合いに。なぜなら「に」は学ぶ相手であって学ぶ対象を詳しく表しているわけではないからです。




みんなの質問アーカイブ, 日本語の使い分け