「~に学ぶ」の「に」はどういう意味?


 

「~に学ぶ」の「に」の意味

 「~に学ぶ」のような言い方がありますけど、この「に」って結構不思議に見えます。

 (1) 偉人学ぶ生き方
 (2) 高校野球学ぶチームの団結力
 (3) オリンピック選手学ぶモチベーションの保ち方
 (4) 戦国武将学ぶリーダーとしての心得
 (5) 愚者は経験学び、賢者は歴史学ぶ
 (6) 東日本大震災学ぶ、想定外への対処法
 (7) 被害事例学ぶ最近の詐欺手口
 (8) ホステス学ぶ会話を弾ませるコツ
 (9) 失敗学ぶ

 この「に」は「から」に言い換えることができるのが特徴です。
 例えば「偉人から学ぶ」と言ったときの「から」は動作の出どころを表す用法で、同じ使い方をしたものに「彼から本を貸してもらった」などがあります。だから「~に学ぶ」の「に」も動作の出どころを表すと考えて良さそう。

 

「~を学ぶ」と「~に学ぶ」が取れる語

 「学ぶ」は他動詞、だから学ぶ対象に普通ヲ格を取ります。学ぶ対象は技能、技術、知識などです。

 (10) コツ学ぶ
 (11) 英語学ぶ
 (12) やり方学ぶ
 
 「~に学ぶ」はニ格なのでヲ格と同じような学ぶ対象を表せません。普通は人、過去、歴史、事例、経験などの語を取りやすいです。次のように技能、技術、知識などの語をとると変になっちゃいます。

 (13)コツ学ぶ
 (14)英語学ぶ
 (15)プログラミング学ぶ
 (16)やり方学ぶ

 

「歴史を学ぶ」と「歴史に学ぶ」の違い

 (17) 歴史学ぶ
 (18) 歴史学ぶ

 ヲ格だと「歴史」は勉強の対象、教科の一つ。
 でもニ格だと勉強よりももっとレベルの高い学びな感じがします!

 

を学ぶ に学ぶ
勉強… 研究、考察、吸収…
能動的な場合も
受動的な場合もある
より能動的
技能や知識 人、歴史、経験など

 
 参考:格助詞の用法一覧





2020年11月28日日本語TIPS, 日本語の色んなお話