令和2年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(7)解説

(7)心理動詞の格

 この手の問題は落とせません!
 心理動詞とかは別にどうでもよくて、ポイントは「格」です。適当に格助詞を付けて例文を作ってみると答えが分かります。

 1 ~にあきれる
 2 ~をあきらめる
 3 ~をしたう
 4 ~をうたがう
 5 ~をうやまう

 選択肢1だけが対象にニ格を取ります。それ以外はヲ格。
 したがって答えは1です。

 





令和2年度, 日本語教育能力検定試験 解説