3年生からの思いがけない嬉しいプレゼント

日本語教師のお仕事

 パワーポイントを使うときにあれば便利な指示棒。いつだったか、ある時突然無くなりました。失って気付くその重要性。携帯などならまだしも、指示棒を盗むなんて人はまずいないでしょうからね。きっと私がどこかで無くしたのだろうと思います。無いなら無いで凄く困ります…。というわけで、授業の時学生に「もしあの棒をどこかで見つけたら教えてください。」と言いました。どこかで放置されているであろう指示棒が偶然発見されて手元に戻って来るのを期待しての一言です。しかしこれが思わぬ出来事に発展しました。

 この写真は3年生のある学生からプレゼントされたものです!
 今日先生のために買ったとメッセージが届き、彼女から受け取りました。なんか本当に感謝しなければいけないというか、こういう些細な気遣いをしてくれると本当に嬉しくなります。お金を払いたい気持ちが凄く強かったんですが、逆にお金を払おうものなら彼女の気持ちが無駄になるので、今回は彼女のご厚意に甘えてプレゼントとして受け取ることにしました。

 私が学生の立場だったらこんなことが出来ただろうかと考えさせられます。先生と学生との関係が非常に密接な中国だからこそできる、こんな気遣いがある中国が私は好きです。





日本語教師のお仕事