【N2文法】~に先駆け/に先駆けて

説明

接続

 名詞+に先駆け/に先駆けて
 動辞形+に先駆け/に先駆けて
 

意味

 ①在…之前
  在…开始之前
  先于…

 ②一马当先
  充当先驱
  打头阵
 

解説

 2つの意味があります。

 ①~の前に~する
 しておかなければならないことをまずしておくことを表します。
 この用法のときは「~に先立って」に言い換えられます。

 ②先駆者/パイオニア/先陣を切る
 他の人よりも早く新しいことを始めることを表します。主に新しい分野の開拓に用います。
 「世界に先駆け」「時代に先駆け」「他社に先駆け」など、比較となる対象に接続します。
 「~に先駆けている」等の形でも用いることができます。
 

例文

 (1) 新年に先駆け、当店では一足早くセールを開催しています。
 (2) 4月に先駆けて新入社員研修を実施します。
 (3) 来月の大学入試に先駆け、神社へ合格祈願しに行く受験生が増えている。
 (4) 母の日に先駆けて、母へのサプライズプレゼントを計画している。

 (5) 他社に先駆け、新しい市場へ一番手で参入することで得られる利益は大きい。
 (6) 時代に先駆けた政策は批判されやすい。
 (7) A国が世界に先駆け、新型コロナウイルスのワクチン開発に成功した。
 (8) 全国に先駆け、高知県では早くも桜が満開となっています。

 

備考

 関連文法「【N2文法】~に先立ち/に先立って

 





2020年8月2日N2文法, 日本語の文法