【練習問題】指示詞の現場指示・文脈指示用法

2021年4月12日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【指示詞の現場指示・文脈指示用法】
 1 「一緒に海に行ったね」「あの頃は楽しかったなあ」
 2 「あの人とはどうなった?」「性格会わなくて別れた」
 3 「資料がないとね…」「それさえあれば簡単なのに」
 4 「そういえば、あの後無事に帰れました?」
 5 「椅子を移動させてください」「この椅子ですか?」

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 現場指示とは、代名詞や指示語を実際に近くにあるものを指して用いる用法。
 文脈指示とは、代名詞や指示語を目の前にはないものを指して用いる用法。

 1 「あの頃」は文脈指示
 2 「あの人」は文脈指示
 3 「それ」は文脈指示
 4 「あの後」は文脈指示
 5 「この」は現場指示

 したがって答えは5です。





2021年4月12日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題