【練習問題】(143)「~ことだ」の用法

2021年5月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題

【 】内に示した観点から見て、他と性質の異なるものを、それぞれ1~5の中から一つ選べ。
 
【「~ことだ」の用法】
 1 知りたければ私に頭を下げることだ
 2 運動不足を解消するには、少しでもいいから散歩でもすることだ
 3 そんなに食べたければ自分で作ることだ
 4 命が惜しければ逃げることだ
 5 自分の意見を持つのは結構なことだ

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 

解説

 1 忠告・アドバイス
 2 忠告・アドバイス
 3 忠告・アドバイス
 4 忠告・アドバイス
 5 感情の強調

 「~ことだ」は忠告と感情の強調する2つの用法があります。
 選択肢5だけが感情を強調する用法です。
 したがって答えは5です。

 参考:【N3文法】~ことだ





2021年5月20日日本語教育能力検定試験 解説, 練習問題