【N4文法】~ほど~ない

説明

接続

 動詞普通形+ほど~ない
 名詞+ほど~ない
 

意味

 没有那么…
 不如…
 

解説

 比較を表します。
 「ほど」の直前に接続された語が基準となり、後件では比較が述べられます。
 

例文

 (1) 今年の冬は去年の冬ほど寒くはない
 (2) 子どもほど大切なものはない
 (3) 彼ほど仕事熱心な人はいない
 (4) A社の新商品は、我が社にとって多くの人が言うほど脅威にはならないだろう。
 (5) 皆嫌々参加する会議ほど生産性の無いものはない
 (6) 完治するまでに思っていたほど時間はかからなかった
 (7) 皆さんから参考にされるほど私は上手くないです。
 (8) お前の相手をしているほど暇ではない

 

備考

「ほど」シリーズ 意味
【N4文法】~ほど(程) ①量がそれに近い
②程度
③比較
④比例の変化
【N4文法】~ほど~ない 比較
【N3文法】~ほどの~ではない 程度がそれほど高くない
【N3文法】~というほどではない 程度がそれほど高くない
【N3文法】~ば~ほど/~ば~だけ 比例の変化
【N2文法】~ほど~は~ない/~くらい~は~ない 最高の程度
【N1文法】~にもほどがある 度を過ぎている

 





2020年6月16日N4文法/N5文法, 日本語の文法