【Q61】物を拡大して見るためのこの道具を何という?

Q.物を拡大して見るためのこの道具を何という?

 1 凸面鏡(とつめんきょう)
 2 虫眼鏡(むしめがね)
 3 文字鏡(もじかがみ)
 4 拡面眼(かくめんがん)






















 答えはです。
 「虫眼鏡(むしめがね)」と言います。ドイツ語の「ルーペ(Loupe)」、日本語にすると拡大鏡と呼ぶそうですが、やはり虫眼鏡と言う方が圧倒的に多いです。なぜこの名前なのかというと、江戸時代にこのような物を使って虫を観察していたからだそうです!
 





2020年6月5日これ日本語で何という?, 日本語TIPS