日本語教育能力検定試験 独学おすすめ勉強法

 日本語教育能力検定試験を独学かつ3~6か月程度の期間で合格できるような勉強方法を紹介します。

 

日本語教育能力検定試験の特徴

 日本語教育能力検定試験の出題範囲は非常に広いので、参考書を1ページからめくって勉強していく方法では全体が把握しにくく、体系的な知識はなかなか身につけられません。短期間で合格をもぎ取るには出題頻度の高い用語、分野は何なのかをしっかり把握し、そこを重点的に勉強する必要があります。数年に1度しか出題されていないような用語を必死に覚えても得点には結び付きにくいです。

 合格基準は明らかにされていませんが、大体上位25%、正答率7割くらいが合格ライン。とりあえずは多くの人が正解できる問題(頻出問題)を落とさないようにしましょう。他の受験者に差をつけるのはその後です。

 

3冊体制で勉強を進める

 短期間の勉強で参考書をたくさん買ってもあまり意味がないので、3冊体制で勉強することをオススメします。過去問、分野別用語集、完全攻略ガイドの3冊です。

 過去問を1問1問やっていきましょう。分からない問題があれば他2冊の参考書で答えを探し、解き進めていきます。試験第一問目のIPA音声記号で出鼻をくじかれるでしょうが、どうしても分からなければとりあえず後回し。まずすんなり or ギリギリ理解できる部分を固めていくことで、理解できなかった問題も後で見直してみると視点が変わり、分かるようになります。

 

出題傾向を知るために過去問は必須!

 できれば過去3年分確保したいところ。出題傾向を知るにはそのくらい必要です。
 それより前の過去問は品薄で入手困難になっていますが、フリマアプリなどで少し高めで売っています。

令和元年度 日本語教育能力検定試験 試験問題
作者:公益財団法人日本国際教育支援協会
凡人社:公益財団法人日本国際教育支援協会
発売日:2020/3/30
日本語教師としての能力を測る試験「日本語教育能力検定試験」。 「令和元年(2019年)度 日本語教育能力検定試験」の問題と解答を一挙掲載!
この商品を見る

 ただ、この過去問はamazonのレビューで「解答だけで解説がない」と批判があります。確かにその通りです…。でも安心してください。毎日のんびり日本語教師では平成23年度から令和元年度までの9年間の過去問の解説をしています!

 

知らない言葉が出たらまず分野別用語集を開く!

 過去問を解き進める中で知らない言葉が出たら、まず分野別用語集で調べてみてください。

日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 分野別用語集
作者:ヒューマンアカデミー
出版社:翔泳社
発売日:2018/3/1
実績ある講師陣による丁寧かつ分かりやすい解説!初学者から、現役教師まで長く使える!2色刷り&学習に役立つ赤いシート付き!
この商品を見る

 用語とその説明がびっしり書かれている辞書のような参考書です。検定試験で出題されるほとんどの用語の説明は載っています。その説明も簡潔にまとめられていて分かりやすいのが特徴です。私もかなり読み込みましたが誤植は一つも見つからなかったので、独学で間違いのない知識を身につけるためには役立ちます。

 個人的には本で買うよりも電子辞書で買ったほうが便利だと思います。3冊本を並べるのは大変なので、1冊をスマホで代用するとテーブルもすっきりですね。

 ただ、辞書形式の参考書なので図表が少ないのが欠点です。このデメリットは次に紹介する完全攻略ガイドで補いましょう。

 

完全攻略ガイドは周辺知識を学ぶのに役立つ!

 分野別用語集で調べてもよく分からなければ、完全攻略ガイドの出番です。

日本語教育教科書 日本語教育能力検定試験 完全攻略ガイド 第4版
作者:ヒューマンアカデミー
出版社:翔泳社
発売日:2017/2/17
合格者続出の講座が1冊になった!試験に出るポイントと対策がよく分かる。最新の試験・業界動向に対応。日本語教育の基礎知識を体系的に学ぶのにも最適。
この商品を見る

 この参考書はたまに誤植があるのが気になります。レビューでもそれを指摘する声は少なくありません。しかしながら一つの用語に対する周辺知識を同じページにまとめてくれている点は非常に優秀で、他の参考書にはない強みがあります。理論の背景や経緯なども詳しく書かれている点も高評価です。

 分野別用語集にはない図表での解説がふんだんにありますので、理解促進、知識の定着を図るために役立ちます。

 

まとめ

 参考書1冊、短期間で試験に合格するのはほぼ不可能です。3冊組み合わせて勉強するのをオススメします。

メリット デメリット
過去問 実践問題に触れられる
出題傾向が分かる
解説がない
分野別用語集 用語の解説が分かりやすくまとめられている
外出中も端末で読める
誤植がない
図表が少ない
用語と用語の関連性が分かりにくい
完全攻略ガイド 図表があって分かりやすい
関連用語が網羅的にまとめられている
周辺知識も得られる
誤植がある

 





2020年6月7日日本語教育能力検定試験 解説