【N3文法】~ぶり/っぷり

説明

接続

 動ます形+ぶり/っぷり
 動作性、状態性の名詞+ぶり/っぷり
 

意味

 …的样子
 …的状态
 

解説

 動作性、状態性の名詞や動ます形に接続して、その動作の様子、状態、方法を表します。
 後件にはその様子に対する評価が述べられます。

 「っぷり」はその動作が豪快に行われるニュアンスが付加されます。
 また、「食べっぷり」とは言えても「食べぶり」とは言えないようなケースが多少あるので注意が必要です。「ぶり」は使いにくいケースがありますが、「っぷり」は全てに使えます。

 以下は動ます形につく「ぶり」と「っぷり」の対応です。赤字はそれしか言い方がないと思われるものです。間違いがありましたらコメントください。

~ぶり ~っぷり
扱いぶり/育ちぶり/泳ぎぶり/汚れぶり/歌いぶり/壊れぶり/滑りぶり/甘えぶり/頑張りぶり/喜びぶり/輝きぶり/怯えぶり/狂いぶり/驚きぶり/勤めぶり/言いぶり/語りぶり/慌てぶり/混みぶり/咲きぶり/散らかりぶり/使いぶり/書きぶり/勝ちぶり/焦りぶり/衰えぶり/切れぶり/戦いぶり/痩せぶり/走りぶり/騒ぎぶり/叩きぶり/弾きぶり/遅れぶり/怒りぶり/投げぶり/答えぶり/働きぶり/動きぶり/読みぶり/入りぶり/入れぶり/飛ばしぶり/飛びぶり/描きぶり/浮かれぶり/変わりぶり/歩きぶり/暮らしぶり/儲けぶり/悶えぶり/遊びぶり/踊りぶり/欲張りぶり/落ちぶり/話しぶり… 扱いっぷり/育ちっぷり/泳ぎっぷり/汚れっぷり/歌いっぷり/壊れっぷり/滑りっぷり/甘えっぷり/頑張りっぷり/喜びっぷり/輝きっぷり/怯えっぷり/狂いっぷり/驚きっぷり/勤めっぷり/言いっぷり/語りっぷり/慌てっぷり/混みっぷり/咲きっぷり/散らかりっぷり/使いっぷり/書きっぷり/勝ちっぷり/焦りっぷり/衰えっぷり/切れっぷり/戦いっぷり/痩せっぷり/走りっぷり/騒ぎっぷり/叩きっぷり/弾きっぷり/遅れっぷり/怒りっぷり/投げっぷり/答えっぷり/働きっぷり/動きっぷり/読みっぷり/入りっぷり/入れっぷり/飛ばしっぷり/飛びっぷり/描きっぷり/浮かれっぷり/変わりっぷり/歩きっぷり/暮らしッぷり/儲けっぷり/悶えっぷり/遊びっぷり/踊りっぷり/欲張りっぷり/落ちっぷり/話しっぷり
鳴きっぷり/負けっぷり/売れっぷり/買いっぷり/濡れっぷり/飲みっぷり/脱ぎっぷり/吹きっぷり/食べっぷり/食いっぷり/伸びっぷり/上がりっぷり/死にっぷり/生きっぷり/泣きっぷり/下がりっぷり…

 

例文

 (1) 彼の話しぶりに知性を感じた。
 (2) まるで他人事のような言いぶりだ。
 (3) その豪快な飲みっぷりを見てると私まで気持ち良くなる。
 (4) あの時のお前の酔っ払いっぷりはすごかったな。
 (5) 彼の惜しみなくプレゼントしてくれる男前っぷりはカッコいい。
 (6) あいつらの無能っぷりにはホント我慢できない。
 (7) 炎天下に1日中いてこの焼けっぷり。真夏の太陽は容赦がない。
 (8) 彼の美少年っぷりには男の私も惚れるほどだ。
 (9) 私の働きっぷりをちゃんと評価してほしい。
 (10) ポンコツっぷりが最高に可愛い。

 

備考

「ぶり」シリーズ 意味
【N3文法】~ぶりだ/ぶりに/ぶりの 時間的な間隔
【N3文法】~ぶり/っぷり 動作の様子、状態、方法

 





2020年5月31日N3文法, 日本語の文法