足元を見る – 日本語の慣用句・諺

2020年5月30日日本語の慣用句・諺

説明

意味

 抓住别人的短处
 利用别人的弱点
 

解説

 相手の弱みにつけ込むことを意味する慣用句です。
 

例文

 (1) ビジネスにおいては、相手に足元を見られたら終わりだ。
 (2) 外国人は足元を見られて、ものすごい安い賃金で働かされてしまうことがある。
 (3) お人好しは足元を見られがちだ。
 (4) 客の足元を見た価格設定は、長期的に見ると必ず失敗する。
 (5) 人々は常に支配者層に足元を見られ、苦しみの中で働かされ続けている。
 (6) このような弱気な外交姿勢では、他国に足元を見られる危険性が高まるだけだ。

 

備考

 特になし

 





2020年5月30日日本語の慣用句・諺