目がない – 日本語の慣用句・諺

2020年6月15日日本語の慣用句・諺

説明

意味

 非常喜欢
 热衷
 (没有人看)
 

解説

 夢中になるほど大好きであることを意味する慣用句です。
 例文(6)~(8)のように、誰も見ていないことを表す言い方もあります。(”人の目がない”でよく使われる)
 

例文

 (1) チョコレートには目がない
     (非常喜欢巧克力。)
 (2) 幼い頃から蟹には目がない
     (从小就喜欢螃蟹。)
 (3) 可愛いものに目がない
     (非常喜欢可爱的东西。)
 (4) 金には目がない
     (非常喜欢钱。)
 (5) 彼は酒と女に目がない
     (他非常喜欢酒和女人。)

 (6) 人の目がないところでイチャイチャする。
     (在别人看不见的地方亲热。)
 (7) 他人の目がないと怠けてしまう。
     (在没人看的时候会偷懒。)
 (8) 人の目がないと、独り言が多くなる。
     (在没人看的时候,自言自语会变多。)

 

備考

 特になし

 





2020年6月15日日本語の慣用句・諺