心ここに有らず – 日本語の慣用句・諺

2020年6月2日日本語の慣用句・諺

説明

意味

 心不在焉
 心不在这里
 

解説

 上の空になり目の前のことに集中していない様子を意味する慣用句です。
 

例文

 (1) 彼は心ここにあらずで、先生の話も聞こえていないようだった。
     (他心不在焉,好像连老师的话都没听到。)
 (2) 彼女は心ここにあらずだ。別れた彼氏のことでも考えているんだろう。
     (她心不在焉。可能也在考虑分手的男朋友吧。)
 (3) 旅行等の非日常的な体験をした後は、心ここにあらずの状態になりがちだ。
     (旅行等非日常体验后,往往会心不在焉。)
 (4) せっかくのデートなのに、心ここにあらずで楽しめなかった。
     (难得的约会,却因为心不在焉而没能好好享受。)
 (5) Aさんは転職が決まったらしく、今の仕事には心ここにあらずの状態だ。
     (A好像决定跳槽了,对现在的工作心不在焉。)
 (6) 最愛の妻が亡くなり、心ここにあらずで糸が切れた凧のようだ。
     (最爱的妻子去世了,心不在焉,就像断了线的风筝。)

 

備考

 特になし

 





2020年6月2日日本語の慣用句・諺