【N2文法】~に至る

説明

接続

 名詞+に至る
 動辞形+に至る
 

意味

 到达…
 达到…
 发展到…地歩
 既然事情已经到了…地歩
 

解説

 物理的な空間への到達、物事や状況の変化の結果、結論などを表します。
 書き言葉です。
 

例文

 (1) この川はA市内を通り、B市の海に至る
 (2) いまだに規制を解除する基準には至っていない
 (3) 一人暮らしをしようかと考えているが、考えているだけでまだ実行には至っていない
 (4) 初恋の人の好きな色が青だったから自分も青が好きになり、そのまま現在に至っている
 (5) 話し合いの末、Aプランで進めていくに至った
 (6) 一目惚れから始まったカップルの70%が結婚に至っているというデータがある。
 (7) 過去があって今に至っている
 (8) 事故後数時間経過するに至り、医者ももうどうにもできなかった。

 

備考

「至る」シリーズ 意味
【N2文法】~に至る 到達、結果、結論
【N1文法】~に至っても 極限の状態になってもなお~
【N1文法】~に至っては 特例を挙げる
【N1文法】~に至って/に至り ある特別な状況になってようやく~
【N1文法】~に至るまで 範囲内の全ての物
【N1文法】~の至り(いたり) 一部の語について強調

 副詞「至って(很/最/非常)」としての用法もあります。
 (9) こんなにも緊迫した状況でも、彼は至って冷静だった。
     在这么紧迫的情况下,他却极其冷静。
 (10) 私はいたって普通の人間です。
     我是一个非常普通的人。

 





2020年5月22日N2文法, 日本語の文法