「今」はごく近い未来も過去も表せる不思議な語

(変な音が聞こえて)
 私:の音、何だろう?
学生:今? さっきじゃないですか?

 以前こんな会話をしたことがあります。
 その時に「今」という言葉は、現在だけではなく過去も未来も表せるんだと気づきました。

 

①現在・現代

 「今」の最も基本的な意味は「現在/現代」です。これは説明不要の用法でしょう。

 (1) 「何してるの?」「今テレビを見てる」
     (“你现在干嘛呢?”“我现在正在看电视。”)
 (2) なら半額です。
     (现在的话是半价。)
 (3) は我慢の時だ。
     (现在是忍耐的时候。)

 

②ごく近い未来

 以下のような場面ではごく近い未来を表すために「今」を用います。「あと少し」「もうすぐ」等に言い換えることができるケースです。

 (4) 「あと何分かかりそう?」「もうすぐです。着くところです。」
     (“接下来还需要几分钟。”“很快,马上就到了。”)
 (5) 「荷物お届けに参りました。」「はい、行きます。」
     (“我来给您送快递。”“好的,马上去。”)
 (6) 「ご飯できたよ。ゲーム早く終わりなさい。」「終わる。ちょっと待って。」
     (“饭做好了,快点结束游戏吧。”“马上就结束了,等一下。”)

 

③ごく近い過去

 さらに以下のような場面では、ごく近い過去を表すために「今」を用います。「さっき」が表す時間よりもさらに”今”に近い時間帯を指します。

 (7) 「映画見てるの? 最初からにして一緒に見よう?」「見始めたばかりだよ。」
     (“你正在看电影吗,从头开始我们一块看吧。”“我刚刚开始看。”)
 (8) 「(何かの音を聞いて)の音、何の音かな?」
     ((听到有声音)“刚才的是什么声音?”)
 (9) 「(すれ違った人を見て)の人、どこかで見たことあるような…」
     ((看着刚擦肩而过的人)“刚才那个人感觉好像在哪见过。”)
 (10) 「見たことは全て忘れろ。他の人に話すなよ。」
     (“把你刚看到的事都忘掉,不许和别人说。”)

 

ごく近い過去を表す「今」と「さっき」の違い

 「今の音、何?」と「さっきの音、何?」では、音が聞こえた時から現在までの時間的距離が異なります。

(変な音が聞こえてすぐ)
A:の音、何だろう?
B:何だろうね。交通事故でも起きたのかな。

 音が聞こえてすぐの場合は「今」が使えます。

(変な音が聞こえて)
A:…それで、Cに告白されたんだって。
B:ホント? あの二人ならお似合いかもね。
  …ところでさっきの音何だろう?

 音が聞こえてすぐではない場合、例えば話の途中で中断できず、一言二言やり取りしてから変な音に話題転換する等の場合は「さっき」が使えます。

 自然な会話のために「今」を使えるようになりましょう!





2020年5月19日日本語TIPS, 日本語の色んなお話