【N0文法】~三昧(ざんまい)

説明

接続

 名詞+三昧(ざんまい)
 

意味

 随心所欲
 自由
 

解説

 名詞に接続して、思う存分したいだけする、熱中することを表します。
 元々は「さんまい」と読みますが、接頭辞として用いると連濁を起こし「ざんまい」になります。

 似ている文法に「【N1文法】~放題(ほうだい)」があります。こちらは動ます形にのみ接続して似たような意味を表します。
 

例文

 (1) ゲーム三昧の毎日を過ごしている。
     (每天都在随心所欲地玩游戏。)
 (2) 今晩はピザ、寿司、天ぷらの贅沢三昧だ。
     (今晚尽情享受披萨、寿司、天妇罗的奢侈之餐。)
 (3) 夏が近いので体を絞るために筋トレざんまい
     (因为夏天快到了,所以为了锻炼身体而进行肌肉锻炼。)
 (4) 私料理のレパートリーがなくて、いつも揚げ物ざんまいだ。
     (我没有做饭的天赋,经常用日式的炸物对付。)
 (5) 週末は映画三昧
     (周末随心所欲地看电影。)
 (6) 生活費を稼ぐために毎日バイトざんまいだ。
     (为了赚生活费每天都打工。)
 (7) 休日もゴールデンウィークも関係なく出張ざんまいでうんざりだ。
     (不管是休息日还是黄金周都要出差,我都厌烦了。)
 (8) 休みの日は朝から酒三昧
     (休息日从早上开始就沉湎于酒。)

 

備考

 似ている文法「【N1文法】~放題(ほうだい)

 





2020年6月3日N0文法, 日本語の文法