【N3文法】お/ご~になる/になります

説明

接続

 お/ご+一段動詞ます形+になる/になります
 お/ご+五段動詞ます形+になる/になります
 ご+サ変動詞語幹+になる/になります
 

意味

 -
 

解説

 相手あるいは第三者の行為・物事・状態等を立てて述べる尊敬表現です。
 原則として和語には「お」、漢語には「ご」が付きます。ただし多少の例外もあります。

お/ご~になる
お/ご~になります
お/ご~になりました

 

例文

 (1) ピアノには自信があります。聞きになりますか?
     (我对自己的钢琴很有自信。您要听一下吗?)
 (2) 越しになる前にご予約お願いします。
     (来之前请预约一下。)
 (3) お客様が見えになりました
     (客人来了。)
 (4) 社長は先ほど帰りになりました
     (社长刚才回去了。)
 (5) 田中さんは結婚式に出席になりますか?
     (田中先生出席婚礼吗?)
 (6) この料理を作りになる前に、食材の下処理をしてください。
     (在制作这道菜之前,请先处理好食材。)

 

備考

尊敬語 お/ご~くださる/ください
お/ご~です
お/ご~なさる/なさいます
お/ご~になる/になります
お/ご~になれる/になれます 可能
~ていらっしゃる/ていらっしゃいます/ておいでになる/ておいでになります
~れる/られる/される(尊敬)
~させてくださる/させてください
謙譲語 お/ご~する/します/致す/致します
お/ご~頂く/頂きます 相手の行為に対する感謝
お/ご~頂けませんか/願えませんか 婉曲的に相手に行為を求める
~て頂けませんか/て頂けませんでしょうか 婉曲的に相手に行為を求める
お/ご~申し上げる/申し上げます 伝達、依頼、祝い、謝罪…
~させていただく/させていただきます 自分の行為の許可を請う
~させてやって頂けませんか 自分の近い第三者に物事をさせることを相手にお願いする
~て頂けるとありがたい/て頂けると幸いです 相手がそれをしてくれたら非常に嬉しい
~ておる/ております 「~ている」の謙譲語
丁寧語 ~です/~ます
~ても宜しいですか/ても宜しいでしょうか 婉曲的に問い掛け、お願いする
~ございます 「~です」「~あります」の丁寧形
美化語 「お料理」「ご挨拶」などの「お」と「ご」 物事を美化して述べる

 





2020年4月19日N3文法, 日本語の文法