【N2文法】~にしたら/にすれば/にしても

説明

接続

 人物を表す名詞+にしたら/にすれば/にしても
 

意味

 作为…来说
 从…立场来看
 

解説

 人物を表す名詞について、その人物から見た考え方を推測して述べる文法です。
 話者自身を表す語には原則接続できません。

 ✕私にしたら/私にすれば/私にしても
 〇私としては/私にとっては/私からみて/私にしてみれば
 

例文

 (1) 彼女にしたら初めての子供だろうし、育児で悩むのもしょうがないことだ。
     (对她来说,她是第一个孩子,养育孩子也没有什么好烦恼的。)
 (2) 彼にしたら些細なことでも、私にとっては違う。
     (对他来说即使是小事,对我来说也不一样。)
 (3) 私は友達として一緒に遊びに行ったつもりだったけど、あの時のお出かけは彼にしたらデートだったらしい。
     (我本来是作为朋友一起去玩的,那时的外出对他来说好像是约会。)
 (4) ネットでの出会いに嫌悪感を感じる人も多いが、彼女にすればネットも正当な出会いの場の一つのようだ。
     (虽然很多人对在网上的邂逅感到厌恶,但在她看来,网络也是正当邂逅的场所之一。)
 (5) 教師にしても学生にしても、卒業式は最も特別な行事だ。
     (无论是教师还是学生,毕业典礼都是最特别的活动。)
 (6) こちらのミスは相手にしたら嬉しいことだ。
     (我方的失误如果对方是我们的高兴。)
 (7) ホラーは苦手だけど、慣れてる君にすれば怖いものはないね。
     (虽然不擅长恐怖,但是对于习惯了的你来说没什么可怕的。)
 (8) 学校まで大人なら歩いて10分だけど、子どもにしたら30分くらいかかってもおかしくない。
     (如果是到学校的大人,步行10分钟,但是如果是孩子的话,花30分钟左右也不奇怪)

 

備考

 関連文法「【N1文法】~にしてみたら/にしてみれば/にしてみても
 ↑話者自身を表す語に接続できます。

 





2020年5月5日N2文法, 日本語の文法