【N4文法】~あげる/やる/差し上げる(さしあげる)

説明

接続

 [主語(与え手)] は [受け手] に [物] をあげる
 [主語(与え手)] から [受け手] に [物] をあげる
 

意味

 给…
 

解説

 「~あげる/やる/差し上げる」は、内から外への物の移動を表します。
 「やる」は目上から目下への物の移動を表すぞんざいな表現で、動物や植物等に使われます。
 「差し上げる」は目下から目上への物の移動を表す謙譲語です。

 自分以外の人物間(外から外)の物の移動を表すこともできます。

 「あげる」の視点は主語(与え手)です。受け手視点で述べる場合は「もらう」を使います。

「これはお土産です。先生に差し上げます。」のような言い方は失礼な印象を与えてしまうので注意が必要です。謙譲語ではありますが、上から目線で強引に恩恵を与える感じがあります。このような場合は「これはお土産です。どうぞ(受け取ってください)。」等と言った方が角が立ちません。

授受動詞 内外関係 主語
私は彼にあげる 内→外 遠心的 主語が与え手
彼は私にくれる 外→内 求心的
私は彼にもらう 内←外 主語が受け手

 

例文

 (1) 母に病気平癒のお守りをあげました
     (给了母亲能治愈疾病的护身符。)
 (2) 友達にお菓子をあげました
     (我给了朋友点心。)
 (3) 姪っ子にお年玉をあげた
     (我给了侄女压岁钱。)
 (4) いつもお世話になっている彼にお土産をあげました
     (我把特产给了一直照顾我的他。)
 (5) 野良猫に食べ物をあげた
     (我给了野猫食物。)
 (6) 花に水をやりに行く。
     (去浇花。)
 (7) ご来店いただいた先着100名様にプレゼントを差し上げます
     (给光临本店的前100名顾客送礼物。)
 (8) 状況を確認した上で、後ほどご連絡差し上げます
     (在确认了情况之后,稍后与您联系。)

 

備考

 授受表現シリーズ

物の移動 【N4文法】~あげる/やる/差し上げる(さしあげる)
【N4文法】~もらう/頂く(いただく)
【N4文法】~くれる/くださる(下さる)
行為の方向 【N4文法】~てあげる/てやる/て差し上げる(さしあげる)
【N4文法】~てもらう/て頂く(いただく)
【N4文法】~てくれる/てくださる(下さる)

 





2020年5月11日N4文法/N5文法, 日本語の文法