「なんだか」と「なんとなく」の違い

 

「なんだか」と「なんとなく」の違い

「なんだか」は自分でも理由が分からない感覚を表す

何だか(なんだか) - Weblio辞書
①原因・理由などがよくわからないさま。

 「なんだか」の後件には無意志性の感覚的な内容が述べられ、そう感じた理由や原因は話者でも分かりません。「~ような気がする」「~感じがする」などに近い表現と言えます。
 「(何が)なんだか分からない」「何がなんだかさっぱり」等は慣用表現として用いられます。
 また、例文(6)のように、「なんだか」の後件は省略されることもあります。

 (1) なんだか寂しい。
 (2) なんだか気分が上がらない。
 (3) 花を置いたら部屋がなんだか華やかになった。
 (4) それはなんだか素敵な話ですね。
 (5) 何がなんだかわからない。
 (6) 悲しくてなんだか
 (7) その言葉を聞いてなんだか嬉しくなりました。

 

「なんとなく」は意味が2つ

何となく(なんとなく) - Weblio辞書
①はっきりした理由や目的もないさま。
②取り立てて言う事柄がないさま。

 「なんとなく」は2つの意味がああります。
 一つは「自分でも理由・原因が分からない状態」を表します。この点は「なんだか」と同じですが、後件は意志性の感覚的な内容が述べられます

 (8) 説明を聞いてなんとなく理解できた。
 (9) 好きな人に恋人がいることはなんとなく気づいてた。
 (10) こうなることはなんとなく分かっていた。
 (11) この漫画にはなんとなく興味はあったんですが、結局読まずじまい。
 (12) 音はなんとなく覚えていても、長い時間弾かないと忘れてしまう。

 もう一つの意味は「明確な目的が無い状態で~する」です。後件には意志的な動作がきます。

 (13) なんとなく散歩するだけでも気分転換になる。
 (14) なんとなく空を眺めていた。
 (15) 夜なんとなく思い立ち、なんとなく車を走らせた。
 (16) なんとなく買った宝くじが当たった。
 (17) なんとなく手に取った抹茶アイスが美味しかった。

 

 

無意志的な「なんだか」と意志的な「なんとなく」

 「なんだか」も「なんとなく」も感情表現が後接する場合、いずれも「自分でも理由・原因が分からない状態」を表します。ただし、「なんだか」の後件は無意志的な感情表現、「なんとなく」の後件には意志的な感情表現が来る点で異なります。

 (18) 泣いたらなんだかすっきりした。
 (19) 泣いたらなんとなくすっきりした。

 後件が意志的な動作を表す場合、「なんだか」は使えません。「覚える」「空を眺める」は意志的な動作なので、「なんとなく」を用いるべきです。

 (20)✕音はなんだか覚えていても、長い時間弾かないと忘れてしまう。
 (21) 音はなんとなく覚えていても、長い時間弾かないと忘れてしまう。
 (22)?なんだか空を眺める。
 (23) なんとなく空を眺める。

 そして、「なんとなく」は後件に意志動詞を置くこともできます。この場合、意味は「明確な目的が無い状態で~する」となります。

 

まとめ

なんだか なんとなく
自分でも理由・原因が分からない状態
(後件は無意志的)
自分でも理由・原因が分からない状態
(後件は意志的)
明確な目的が無い状態で~する
(後件は意志動詞)




2020年4月3日日本語TIPS