【質問】株価が~円台を回復、「~に回復」じゃないの?

質問

質問者さん
(中国)

ニュースで「日経平均株価が1万9000円台回復しました」と聞きました。
「1万9000円台回復しました」じゃないんですか? なぜ「を」を使いますか。

管理人

「日経平均株価が1万9000円台回復しました」の「回復する」は移動動詞です。1万9000円は数値上の移動の経路という意味です。例えば「はしごを上る」では、「上る」経路が「はしご」ですよね。この「を」は経路の「を」です。もちろん「に」を使っても大丈夫です!

詳細

 この「回復する」は移動動詞なので、「回復する」の移動経路や通過点を「を」で表しています。

 (1) はしご上る。        (「はしご」は経路)
 (2) 交差点曲がる。       (「交差点」は経路)
 (3) 1万9000円台回復する。 (「1万9000円台」は経路)

 移動というと空間的な物理的移動「歩く」「走る」などを思い浮かべるかもしれませんが、それだけではなく、数値上の移動も表すことができます。それが(3)です。例えば変化前が1万8000円で、そこから徐々に株価が上がって1万9000円台に達して、そこからまだまだ上がっていくというとき、1万9000円は変化の途中です。これを移動に見立てると経路です。数値上の移動の経路。だから「を」を使っても大丈夫です。

 

「1万9000円台に回復する」と「1万9000円台を回復する」の違い

 (4) 1万9000円台を回復した
 (5) 1万9000円台に回復した

 「を」を使うと「1万9000円台」は数値上の移動の経路を表します。経路が強調される言い方。こっちは経路なのでまだまだ変化する余地があることを含意することがあるかも。
 「に」は移動の着点や変化の結果を表すので、移動の着点が「1万9000円台」、あるいは「1万9000円台になった」という変化の結果が強調されます。

 まあ大体おんなじ意味かな。




2022年9月13日みんなの質問アーカイブ, 日本語全般の質問