大学への入り口は閉鎖、いつまでかは不明

2020年1月29日中国での生活

 学校への入り口が閉まっていました。新型コロナウイルスが原因です。
 どうやら昨日27日から閉まってたようですが気づきませんでした。外に出るのはできるだけ控えているので。その閉め方もただ鍵を閉めるだけでなく、鉄のワイヤーみたいなものでぐるぐるにして物理的に。

 いつまで通行禁止になるのか、その期日も書いてない辺りに狂気を感じます。ちなみに村単位でも閉鎖されているとかなんとか、そういう話も聞きました。

 日々状況が変わってきて緊迫感が増しています。
 今日少し外出したときも人と人の距離は妙に離れていました。寂しいですが予防なのでしょうがない…

 本来の予定だと2月16日に新学期が始まりますが、各地から集まってきた学生を前に授業するのは少々気が引けます。学生としても同じ寮に8人、教室でも30人ほどと一緒になるので、万が一その中の一人でも感染していればあとはもう芋づる式に広がっていくんでしょう。その教室を別の学生が使うだけでも危ないしホントどうするんだろう。これがあと2週間後に迫ってると考えると怖いです。

 かといって数日新学期の開始を遅らせたところで状況は変わらないどころかひどくなるかもしれないし、いったいどうするんでしょう。





2020年1月29日中国での生活