【N1文法】~なり~なり/~なりとも/~なり何なりと

2021年8月3日N1文法, 日本語の文法

説明

接続

 名詞+なり+名詞+なり
 名詞(+助詞)+なり+名詞(+助詞)+なり
 名詞+なりとも
 名詞+なり何なり(と)
 動辞形+なり+動辞形+なり
 動辞形+何なり(と)
 

意味

 或是…或是…
 …也好…也好
 可以…或者…
 …之类的
 …什么的
 

解説

 同類のものを1つ2つ挙げていくつかの選択肢や可能性を提示する文型です。
 挙げられた例以外の存在も暗示します。
 後件では命令、お願い、誘い、注意、アドバイス、忠告などの表現が来やすいです。

 「煮るなり焼くなり(好きにしろ)」は慣用句です。
 

例文

 (1) おにぎりなりパンなり、何か食べてから行きなさい。
     (饭团或者面包,吃点什么再走吧。)
 (2) 分からないときは、私に聞くなり、辞書で調べるなりしてください。
     (不明白的时候,问我,或者查字典。)
 (3) 疲れたら軽く運動するなり背伸びするなり自由にしてください。
     (如果累了,请适当地运动或伸展身体,自由活动。)
 (4) 熱があるなら病院に行くなりなんなりすればよかったのに。
     (发烧的话去医院不就好了。)
 (5) 負けるのには理由がある。対策なりなんなりしないなら一生そのままだ。
     (输是有理由的。如果不采取对策的话,就一辈子不变了。)
 (6) 時間があったら電話なりともしてください。
     (有时间的话请给我打电话。)
 (7) お困りの際はお近くの店員へ何なりとお申しつけください。
     (有困难的时候,请随时告诉附近的店员。)
 (8) 世界では常にどこかで内戦なり何なり起きている。
     (世界上经常在某处发生内战。)
 (9) 文句があるなら直接言うなりしてください。
     (有意见的话请直接说。)
 (10) まずは冷静に話し合うなり何なりしましょう。
     (首先冷静下来,交谈一下吧。)

 

備考

「なり」シリーズ 意味
【N1文法】~なり 前件の動作後にすぐに後件が発生
【N1文法】~なり~なり/~なりとも/~なり何なりと 列挙
【N1文法】~なりに/なりの その人物や性質に相応しい程度や状態

 





2021年8月3日N1文法, 日本語の文法