試験が終わったかと思いきや次は短学期の授業

日本語教師のお仕事

 契約に関する手続きのために早めに帰国することを主任に伝えたところ、クリスマス前に全ての授業が終わるようなスケジュールを特別に組んでくれました。今日そのスケジュールが届き、26日夜には無事ここを発てそうです。

 来週は短学期。学期末に1~2週間ほど意味があるのか分からない授業を行います。それが終わったら学生は試験期間に突入するのですが、この短学期を無くして試験勉強にあてればもっと成績も伸びるのではないかといつも思います。そうすれば冬休みも早く迎えられますし、学生も、そして教師も嬉しいですよね。ただ大学はそうはしてくれないのが現実です。

 短学期のスケジュールですが、私は2年生の読解を8時間、3年生の作文を8時間担当します。
 3年生には今学期を通して作文の授業をやってきました。そしてついこの間試験を終わらせたばかりなのにまた作文の授業をやれって言うのは、何とも素晴らしい采配だと思いませんか… それに、外国人教師に読解の授業をさせるのは適材適所とは言えないと思います。不満はありますが、過去に一度も受け持ったことがない読解の授業には少し挑戦してみたいなとは思っています。

 というわけで作文の授業は追加の教案を考えなければいけません。まあ適当に未来の自分への手紙なんか書かせてそれでいいんじゃないかなぁ…
 読解に関しては現状お手上げです。何か適当に本を漁って面白そうな教案を生み出せればいいのですが。

 この調子だと逃げ腰の教案になりそうです。





日本語教師のお仕事