令和元年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題11解説

問1 BICSとCALP

 生活言語能力/BICS (basic interpersonal communication skills)とは、生活場面で必要とされる言語能力のこと。コンテクストの支えがあるため認知的な負担が少なく、2年ほどで習得可能とされている。

 学習言語能力/CALP (cognitive academic language proficiency)とは、教科学習などで用いられる抽象的な思考や高度な思考技能のこと。学習の場面では低コンテクストの状態になるため認知的な負担が大きく、習得には5~7年必要だとされている。

 1 母語で培った能力が妨げる場合もあるかもしれませんが、通常は発達を促進するのではないでしょうか。(根拠はありません…)
 2 正しいです。BICSもCALPも言語能力なので、コミュニケーションを介して発達するものです。
 3 逆です。学習言語能力は教科学習で身につけられ、低コンテクストの状態で行われるので場面に依存しません。生活言語能力は生活場面で用いられるため、場面に依存して用いられます。
 4 逆です。学習言語能力は習得に5~7年、生活言語能力は2年ほどかかるとされています。

 したがって答えは2です。

 

問2 リキャスト

 1 プロンプトの例
 プロンプト (prompt)とは、学習者に自己修正を促す暗示的フィードバックの一種。例えば、学習者の「富士山は美しいでした」という誤用に対して、「美しいでした?」と間違いがあることに気付かせ、学習者が正しい発話をするよう促すことなどが挙げられる。

 2 不明
 ここでの「もう一度お願いします」は訂正に分類されると思いますが、プロンプトでもリキャストでもないようなので、単なる暗示的フィードバックという扱いでしょうか。

 3 不明
 足場掛けのような訂正です。プロンプトっぽいのですがどうでしょうか…

 4 リキャストの例
 リキャスト (recast)とは、自然な応答の中でさりげなく訂正する暗示的フィードバックの一種。例えば、学習者の「富士山は美しいでした」という誤用に対して、「そうですか。美しかったですか」と、会話の流れを遮ることなく訂正することなどが挙げられる。

 したがって答えは4です。

 

問3 不安を軽減するための対応

 選択肢1
 文法を正しく使えるかどうかに不安を感じる人もいれば、意志を伝えられるかどうかで不安を感じる人もいます。どちらを優先したとしても万人の不安を軽減できるような対応とは言えないと思います。
 …と思ったのですが、これが正解のようです。間違っても良いから使ってみてと指導する方が不安を軽減させてあげられるということでしょう。

 選択肢2
 日本での日本語を母語としない児童生徒に対する指導では、日常会話ができるようになるまで教科学習の支援を行わないのは現実的ではありません。
 どちらも同時に支援していくべきです。

 選択肢3
 不安軽減のために児童生徒の母語を使うことは考えられますが、母語を使わないと逆に不安を感じさせてしまいます。

 選択肢4
 文化や規範を押し付けるのは好ましくありませんし、日本語を使うように指導することは逆に不安を感じさせてしまいます。

 したがって答えは1です。

 

問4 喪失されやすい順序

 母語(第一言語)を失うことを言語喪失 (Language attrition)と言います。
 この研究に関するものを見つけられずにいるので根拠は示せませんが、音は耳に残るので忘れにくいのかもしれません。言葉を使わないとあれ何て言うんだっけのように語彙を忘れやすくなりますが、語順や活用などはそれよりも覚えやすいのでしょう。私はこのように理解することにしました

 したがって答えは4です。

 

問5 母語保持

 選択肢1
 イマージョン教育とは、目標言語で目標言語を教えるなどの教育法のこと。
 母語を保持するためにはイマージョン教育ではなく、母語話者しかいない環境に学習者を置く教育法であるサブマージョン教育のほうが良いのではないでしょうか。また、母語保持のためには家庭環境も欠かせません。

 選択肢2
 取り出し指導/取り出し授業とは、在籍学級以外の教室で個別に行う指導のこと。
 取り出し授業はクラスのレベルに追い付けない学習者に対して行われるものです。これが母語保持に繋がるかと言われると微妙です。正規の教科授業で母語を用いたほうが保持に繋がりやすいのではないでしょうか。

 選択肢3
 年少者の方が母語の保持が難しいです。若ければ若いほど言語は習得しやすくなりますが、習得した言語を使う環境にないと忘れやすいです。

 選択肢4
 話せるけど書けないという人の方が多いので、読み書きのほうが保持が難しいのではないでしょうか

 したがって答えは3です。

 





2020年4月22日令和元年度, 日本語教育能力検定試験 解説