令和元年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(3)解説

(3)拍数の変化

 モーラ(拍)とは、音韻論上、一定の時間的長さをもった音の分節単位のことです。日本語では仮名1文字で1拍、拗音は2文字で1拍を形成します。例えば、「にほんごきょういく」は8拍。

 拍とフットは切り離せない密接な関係があります。曜日を単独で読み上げるときは「げつ」「か」「すい」「もく」「きん」「ど」「にち」と、火と土は1拍、それ以外は2拍になります。しかし全体を通して読み上げると「げつかーすいもくきんどー」と、元々1拍であったはずの火と土が長音によって2拍に引き伸ばされます。

 日本語はポケモン、パソコン、東大のように、2拍+2拍のようにリズムを刻む傾向があり、この2拍を1フットとします。火と土が2拍に引き伸ばされたのは、別の曜日の拍数に合わせ、全体のフットを整えて規則的なリズムを刻むためです。フットについては「日本語のフットについて」で詳しくまとめていますので、参考にしてください。

本来の読み げつ すい もく きん にち
全体としての読み げつ すい もく きん にち

 1 「月火水」の「火」は1拍から2拍に引き伸ばされています。
 2 「月水金」の「月」は2拍のままです。
 3 「火水木」の「水」は2拍のままです。
 4 「火木土」の「木」は2拍のままです。
 5 「金土日」の「金」は2拍のままです。

 選択肢1だけが全体のリズムを整えるために、「火」が「かー」となっています。
 したがって答えは1です。

 





2020年9月30日令和元年度, 日本語教育能力検定試験 解説