【擬態語】びくびく/ビクビク/びくっ/ビクッ

2019年8月14日擬態語/擬音語/オノマトペ, 日本語の文法

説明

意味

 害怕
 吓得发抖
 战战兢兢
 提心吊胆
 畏首畏尾
 瞻前顾后
 颤动
 抖动
 

解説

 体の一部が小刻みに震える様子や、恐怖や不安を感じて怯えている様子を表す擬態語です。
 「びくっ/ビクッ」は一度の震えを表します。

 

例文

 (1) 先生にバレないかとビクビクしている。
     (担心会被老师发现而忐忑不安。)
 (2) 毎日転勤って言われないかビクビクしている。
     (每天都在为会不会被告知要调动工作而忐忑不安。)
 (3) 手足がびくびくと震え出したら熱中症のサインだ。
     (手脚哆嗦发抖的话是中暑的信号。)
 (4) 後ろから聞こえる誰かの足音にビクビクする。
     (被从后面传来的某人的脚步声吓了一跳。)
 (5) 突然電話が来てビクッとした。
     (突然来了电话,吓了一跳。)
 (6) 眠りに入る寸前に体がびくっとすることを、ジャーキングと呼ぶ。
     (在快要进入睡梦时身体突然一惊,这叫做“临睡肌抽跃症”。)

 

備考

 似ている擬態語「ぴくぴく/ピクピク/ぴくっ/ピクッ
 「びくびく」は比較的大きめの震え、「ぴくぴく」は比較的小さなものや部位が震え動く場合に用います。

 





2019年8月14日擬態語/擬音語/オノマトペ, 日本語の文法