平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題1解説

問1 自動詞の受身

 間接受身には「赤ちゃんに泣かれた」や「雨に降られた」のように自動詞が受身となるものがあります。これらは自動詞の受身と呼ばれ、日本語特有の表現だと言われています。
 したがって答えは1です。

 参考:日本語の受動態、受身文の種類について

 

問2 間接受身や迷惑の受身

 受身については複雑なので、「日本語の受動態、受身文の種類について」をご参考ください。
 簡単に言うと、対応する能動文があるのは直接受身、ないのは間接受身です。

 選択肢1
 「花子が母親に叱られた」には「母親が花子を叱った」という能動文がありますので、直接受身です。

 選択肢2
 「妹は先に帰った」に「私に」や「私を」を入れられません。対応する能動文がありませんので間接受身です。
 それから「帰る」は自動詞なので、この文は自動詞の受身。 自動詞の受身ってことは間接受身なので、能動文を作ろうとしなくても分かります。

 選択肢3
 「飼い猫が手を引っかいた」に「私を」や「私に」を入れることができません。対応する能動文がないので間接受身です。
 これは自分の身体的部位が目的語になっているので持ち主の受身です。

 選択肢4
 「弟が玄関の鍵をかけた」に「花子を」や「花子に」を入れることができません。対応する能動文がないので間接受身です。
 迷惑っぽい感じがしてるので、迷惑の受身。

 したがって答えは1です。

 参考:日本語の受動態、受身文の種類について

 

問3 複文で同一主体について述べる文

 従属節の主体と、主節の主体を比較してみます。

 1 「表彰された」の主体は「田中さん」、「企画しよう」の主語は「私たち」
 2 「褒められた」の主体は「彼」、「ぐっと伸びるタイプ」の主体も「彼」
 3 「紹介される」の主体は「店」、「殺到した」の主体は「客」
 4 「注目された」の主体は「子ども」、「嬉しい限り」の主体は「私」

 選択肢2は従属節も主節も同一主体について述べています。
 したがって答えは2です。

 

問4 可能文の格表示

 可能文の格表示は以下の3通りあります。

[-ガ-ヲ格] 彼が英語を話せる
[-ニ-ガ格] 彼に英語が話せる
[-ガ-ガ格] 彼が英語が話せる

 「彼に英語を話せる」のように[-ニ-ヲ格]もとることができるように見えますが、「『文』は少なくとも一つの主格名詞節を含んでいなければならない。」という主格保持の原則により、非文として処理されます。ここでいう主格名詞節とは、ガ格のことです。

 したがって答えは1です。

 

問5 「強制的に何かをさせる」という意味合いが薄い使役文

 1 強制的にレポートを出させる意味合いがあります。
 2 「あきれさせた」には強制的な意味合いがあまりありません。
 3 「怪我をさせた」には強制的な意味合いがあまりありません。
 4 「言わせておけばいい」には強制的な意味合いがあまりありません。

 したがって答えは1です。





2020年10月2日平成25年度, 日本語教育能力検定試験 解説