平成23年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題8解説

問1 中間言語

 セリンカー(Selinker)によって唱えられた概念に中間言語があります。第二言語学習過程において能動的に自分なりのルールを作り、そのルールで運用しているとしています。母語の影響を受けながらも、次第に目標言語に近づいていくものとし、この発展途上にある言語体系のことを中間言語と命名しました。この中間言語は徐々に目標言語に近づいていく性質があり、この性質を可変性と呼びます。

 選択肢2はフォリナー・トークです。
 フォリナートークとは、母語話者が非母語話者に対してする話し方のことで、簡単な語彙や文法を扱って分かりやすいように話すのが特徴です。スピードも遅くなったり、繰り返したりします。

 したがって答えは3です。

 

問2 過剰般化

 過剰般化とは、文法的な規則を他のところにも過剰に適用することによって起きる言語内エラーです。例えば「安くはありません」を「安いではありません」と言うのは、な形容詞の規則をい形容詞に適当したために生じています。過剰般化の例では、よくイ形容詞とナ形容詞の接続を混同するケースが挙げられます。

 選択肢2は一段動詞のテ形への活用を、五段動詞の「書く」にも適応しているために起きる過剰般化の例です。
 したがって答えは2です。

 

問3 語用論的転移

 
 母語による影響で生じた、文法的な誤りのない不適切な表現プラグマティック・トランスファー(語用論的転移)と言います。

 1 英語から転移は見られません。
 2 文法的に問題がありますが、転移は見られません。
 3 英語に言い換えただけです。
 4 英語の「Would you like to」をそのまま直訳した結果「~したいですか」となっています。語用論的転移です。

 したがって答えは4です。

 

問4 言語内エラーと言語間エラー

 

プラグマティック・トランスファー
(語用論的転移)
母語による影響で生じた、文法的な誤りのない不適切な表現のことです。
言語間エラー
(言語間の誤り)
母語による影響で生じた、文法的な誤りがある不適切な表現のことです。
言語内エラー
(言語内の誤り)
第二言語の学習の不完全さから生じたエラーのことで、文法的、語用論的誤りを含めます。

 1 正しいです。言語内の誤りは、母語とは関係なく、第二言語学習過程で生じる誤りです。
 2 誤りです。言語間の誤りは、母語と関係しています。
 3 誤りです。言語内の誤りは、語用論的誤りを含める文法的な誤りを指します。
 4 誤りです。言語間の誤りは、語用論的誤りを含める文法的な誤りを指します。

 したがって答えは1です。

 

問5 化石化

 選択肢1
 臨界期仮説の説明です。
 臨界期仮説とは、レネバーグによって提唱された母語習得に関する理論で、言語習得には臨界期が存在し、ある年齢を過ぎると母語話者のような言語能力を習得するのは難しいとする仮説です。この臨界期は思春期の12歳~13歳頃とされています。

 選択肢3
 化石化の説明です。
 化石化とは、エラーが修正がなされないまま定着したもののことです。

 したがって答えは3です。

 

問6 フォリナー・トーク

 フォリナートークとは、母語話者が非母語話者に対してする話し方のことで、簡単な語彙や文法を扱って分かりやすいように話すのが特徴です。スピードも遅くなったり、繰り返したりします。

 したがって答えは1です。

 





平成23年度, 日本語教育能力検定試験 解説