画数の多い漢字を連想する「画数バトル」で遊ぼう!

 またまたQuizKnockさんで漢字を使ったゲームを見つけました。
 授業でも10分~20分くらいの遊びに使えそうです。語彙量と漢字力がものを言うので、N2くらいの水準になると楽しく遊べるかなと思います。

 

 

画数バトルのルール

 例えば「にんべんの漢字」のようなお題に沿う漢字を1文字書き、その字の画数がポイントになります。いくつか問題が出され、合計ポイントが高い人が勝ちです。

 動画内では以下の問題が出されていました。

  ・「きょう」と読む漢字
  ・「貝」がつく漢字
  ・総理大臣の名前に使われている漢字
  ・「物」と組み合わせて二字熟語になる漢字
  ・送り仮名が「う」の漢字
  ・「ショウ」と読む漢字
  ・「人」と組み合わせて熟語になる漢字

  

授業の遊びで使ってみる

必要なもの 特になし
かかる時間 1問5分程度
人数 10人程度で、5:5のチーム対抗形式など

  ①読みから漢字を連想する形式
  ②部位に特定の字が含まれる漢字を連想する形式
  ③組み合わせて熟語になる漢字を連想する形式
  ④特定のジャンルで使われる漢字を連想する形式
  ⑤特定の送り仮名がつく漢字を連想する形式

 動画内で出題された問題の形式は以上の5つでした。日本語学習者なら①⑤はできそうで、その中でも②③は中華圏向きです。④はちょっと難しめなので、やるかどうかはその時の判断で。

 

実際にやってみた結果

 賞品を用意したおかげで盛り上がりは十分でした。5問くらいやってボリュームは30分くらい。参加者8名の点数管理はホワイトボードを使って行いました。

 読み仮名が「ショウ」の漢字というテーマを出したときに、ある学生が「所」と回答しました。「所」は「ショ」なので不正解で0点です。長音がまだ認識できていない段階だと苦労するようですね。

 感触は良かったです!




教案, 日本語コーナー