【擬態語】ちくちく/チクチク/ちくり

擬態語/擬音語/オノマトペ, 日本語の文法

説明

意味

 (用针尖一样尖锐的东西〕连续刺扎/一扎一扎
 (连续引起针扎似的痛)刺痛/扎得慌
 

解説

 針などの先の尖っている物で繰り返し刺したり突いたりする音を表す擬態語です。
 チクチクするものには痛みや痒みを伴います。
 また、「チクリ」と言えば一度だけ刺したり突いたりすることを表します。
 

例文

 (1) 目に睫毛が入ってチクチクする。
     (眼睛里有睫毛,阵阵发红。)
 (2) 髭を剃ったばかりなのでチクチクする。
     (因为刚刮了胡子,所以火辣辣的。)
 (3) 前髪があると、眉のあたりがすごくちくちく痒い。
     (一有刘海,眉毛周围就痒得厉害。)
 (4) 虫に刺されてチクチク痛い。
     (被虫子叮得咯吱咯吱地疼。)
 (5) チクリと注射した瞬間、泣き出した。
     (一下子打针的瞬间,哭了出来。)

 

備考

 特になし





擬態語/擬音語/オノマトペ, 日本語の文法