平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3D解説

(16)「単文」と「複文」の違い

 「りんごが落ちる」のように文中に述語が一つだけある文は単文です。この単文を2つ以上並列させたものは重文です。
 文中に修飾語・修飾部があるもの(複数の述語によって構成されたもの)を複文です。

 したがって答えは2です。

 

(17)原因・理由の従属節

 複文は主節と従属節の2つに分けられます。例えば「私は彼女が作った料理を食べた」では「私は食べた」が主節、「彼女が作った料理」が従属節です。で、この従属節はいくつかに分けられます。

連体修飾節
名詞修飾節
名詞を修飾する節 彼女が作った料理を食べた。
腐った弁当を捨てた。
昨日買った服を着て行く。
補足節
(名詞節)
「の」「こと」によって
名詞句化された節
彼女が結婚することを噂で聞いた。
床に散らばっているのを掃除する。
彼らがここにいたことを忘れないでください。
引用節 発言等を引用する節 彼女は、私は結婚しないと言った。
私は、それは間違いだと思う。
もう二度としないと誓った。
副詞節 原因・理由・目的・条件などを表し、
主節の述語を修飾する節
彼が来ないと始まらない。
旅行するためにアルバイトしたい。
人に聞かれないようにこっそり話す。

 1 「役員が遅刻したせいで」は副詞節(原因節)
 2 「電車に間に合うように」は副詞節(目的節)
 3 「薬を飲んだ」と「熱が下がらなかった」を逆接の「のに」でつないでるだけ。(重文)
 4 この文は「めいっ子と会う」と「大きくなっていると感じる」から構成される重文です。

 したがって答えは1です。

 

(18)譲歩

 因果関係を表す複文は4種類あると言ってます。表にまとめるとこんな感じ…?

前件の事態が事実的 順接の「原因・理由」 薬を飲んだから今とても眠いです。
逆接の「逆接」 薬を飲んだけど効かなかった。
前件の事態が仮定的 順接の「条件」 この薬を飲んだら、きっと良くなる。
逆接の「譲歩」 この薬を飲んでも、良くならないだろう。

 たぶん間違っていると思います。文章中には、中でも、「条件」は「仮定条件」…と書いてます。条件文や譲歩文について調べてみてから再度まとめます。

 答えは3です。

 

(19)反事実条件

 ※この問題は不可解です。分かる方、どなたかコメントで協力してしてください。

 反事実条件とは、実際には起こらなかったことを、もし起こっていればどうなっていたかということを述べる条件のことです。例えばこんな文。

 過去に戻れるなら、小学校時代に戻りたい。

 
 1 「過去に戻れるなら戻りたい」のように、反事実条件で「なら」を使うことは普通です。稀ではありません。
 2 ※下記
 3 「許されるなら目の前で土下座したいところだ」のように、後件に「ところだ」を使うことはできます。
 4 「雨が降らなければ出かけていたのに。」のように、後件に「のに」を使うことはできます。

 選択肢1、3、4は否定されたので答えは2です。
 でも、「稀です」って言うってことは一部あるってことですか? それが分からないので困ってます。
 コメントによると「彼が手伝ってくれないと、このプロジェクトは成功しなかった」が反事実条件の「と」ではないかとのことですがいかがでしょうか。

 参考:仮定条件、確定条件、事実条件、反事実条件について

 

(20)「複文」を構成する接続助詞を終助詞的に使う用法

 接続助詞の後には本来何らかの文が続くものですので、後件の内容を考えてみます。

 1 これ、道に落ちていたんですが落としましたか?
 2 今日中に終わらなかったら、許さないから、早くやりなさい
 3 だから、やめときなよ。危ないって言ってるでしょ。
 4 私はこれで。明日、会社もあることだし、お先に失礼します。

 選択肢3の「って」は、「と」に置き換えられます。この場合の「と」は発言などを引用する用法の格助詞です。接続助詞ではありません。
 したがって答えは3です。

 





2020年10月18日平成25年度, 日本語教育能力検定試験 解説