平成30年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題11解説

問1 フォーカス・オン・フォーム

 教授法の言語習得観は3つに分けられます。それを簡単に説明すると…

 文法訳読法やオーディオリンガル・メソッドは教師主導で文型を重視しているフォーカス・オン・フォームズの教授法です。
 フォーカス・オン・フォームズの授業は文法、文型は確かに身につくんですが、コミュニケーション能力は全然ダメでした。そこでナチュラル・アプローチやコミュニカティブ・アプローチなどの意味を重視した学習者中心のフォーカス・オン・ミーニングの教授法が現れます。ところが… フォーカス・オン・ミーニングの授業も問題が出てきます…。確かにコミュニケーションは上手になるんですが、今度は文法がおろそかになってしまいました。
 結局、文型を身につけられるフォーカス・オン・フォームズとコミュニケーション能力が身につけられるフォーカス・オン・ミーニングを合わせたフォーカス・オン・フォームの教授法が開発されます。タスク中心の教授法や内容言語統合型学習(CLIL)がこれにあたります。

 1 意味を重視しながらも言語形式も扱うのはフォーカス・オン・フォームです! これが正解です!
 2 オーディオリンガル・メソッドはフォーカス・オン・フォームズです。
 3 母語で言語形式を導入? オーディオリンガル・メソッドです。つまりフォーカス・オン・フォームズ。
 4 教師主導なのはフォーカス・オン・フォームズです。

 したがって答えは1です。

 外国語教授法についてはすごく煩雑なのでこちらに詳しくまとめています!
 参考:外国語教授法の変遷についてまとめ!

 

問2 フォーカス・オン・フォームズ

 言語習得観の簡単な流れはこのページの問1に書いています。そちらを参照してください。

 1 大量に理解できるインプットを与えるのはナチュラル・アプローチです。これはフォーカス・オン・ミーニングの教授法です。
 2 「ストーリーを語らせる」のは言語形式が正しいなんかよりも、ちゃんと言いたいことが伝わるかどうかが重要な意味重視の活動なのでフォーカス・オン・ミーニングです。
 3 内容言語統合型学習(CLIL)の説明です。CLILは非母語で教科を学ぶ教育法のことで、フォーカス・オン・フォームに分類されます。
 4 ドリルで文法問題を解いているので言語形式重視のフォーカス・オン・フォームズです。

 したがって答えは4です。

 参考:外国語教授法の変遷についてまとめ!

 

問3 ディクトグロス

 ディクトグロス
 4技能を組み合わせて個人学習とピア・ラーニングが行える統合的な学習法のこと。まず文法構造が多少複雑な短めのまとまった文章を数回読み、学習者はそのキーワードを聞き取ってメモし、そのメモをもとに各自元の文章の復元を試みる。次にペアやグループで復元していき、文章を完成させていく過程をとる。

 1 見出し、太字にする、下線を引くみたいなことですね
 2 そんな教案作れる教師は諸葛孔明
 3 ディクトグロスの説明です
 4 なんだろ、タスク先行型ロールプレイ的な?

 したがって答えは3です。

 

問4 プロンプト

 訂正フィードバックは、暗示的か明示的か、インプット誘発型かアウトプット促進型かに分けられます。
 暗示的フィードバックは会話の流れを保ったまま自然な応答の中でさりげなく訂正するタイプで、明示的フィードバックは誤用の存在をはっきりと示すタイプのフィードバックです。

 インプット誘発型は学習者に正用を与えるタイプです。
 アウトプット促進型は学習者に自己訂正を促すタイプでプロンプトとも呼ばれます。

暗示的 理解確認 学習者の発話に対して、自分の理解を述べ、正しいかどうかを確認する。 正用を提示する
インプット誘発型
リキャスト 間違っている箇所のみを正しく言い直して提示する。
明確化要求 学習者の言っていることが理解できなかったことを伝える。 自己訂正を促す
アウトプット促進型
(プロンプト)
繰り返し
(反復)
間違っている部分や発話そのものをそのまま繰り返す。
明示的 メタ言語的
フィードバック
文法を説明したり、情報を与えたりして間違っていることを教える。
誘導
(引き出し)
途中まで文を与えるなどして、正しい言い方を引き出す。
明示的訂正 間違いがあることを指摘し、正しい言い方を提示する。 正用を提示する
インプット誘発型

 
 選択肢1
 直接指摘して正用を提示しているので明示的訂正です。

 選択肢2
 会話の流れを遮っていないので暗示的フィードバック。「きれいでした」と答えを与えているのでリキャストです。

 選択肢3
 会話の流れを遮っていないので暗示的フィードバック。「きれいでした」と答えを与えているのでリキャストです。

 選択肢4
 誤用の存在をはっきり示しているので明示的フィードバックに分類されます。さらに文法説明をするメタ言語的フィードバックによって学習者に自己修正を促しているので、これがプロンプトです。

 したがって答えは4です。

 

問5 プライミング効果

 プライミング効果
 あらかじめ提示された事柄(プライム)により、それに関連する別の事柄(ターゲット)が覚えやすくなったり、思い出しやすくなることです。教室においては、あらかじめ教師が手本を見せたり、授業に関連する内容の雑談をしておくなどすることで学習者の学習効率を高めることができます。

 例えば、地球温暖化を扱う授業において、本題に入る前に天気の話したり、北極南極の話したり、学生の旅行したことがある場所の話したりして雑談を挟みます。そのあと地球温暖化に入ると雑談で活性化したプライミングが役立ち、学習効率が高まります。これがプライミング効果です。学習効率が高まるだけじゃなく、実際教室が盛り上がったりします。

 1 他者が用いた言語形式を聞くことでそれに関する知識が活性化されて、自身の使用頻度も高まっています。典型的なプライミング効果です。
 2 当たり前のこと言ってます。これに名前があるんですか?
 3 これはコミュニケーション・ストラテジーの「言い換え」です。正確に言うと「言い換え」は意識的に行いますので、語末の「~ようになる」はおかしいんですけどね。
 4 記憶した語彙や文法、発音などが無意識で使えるようになり、いちいち考えずにその表現をひとまとまりで産出できるようになります。これは自動化。

 したがって答えは1です。

 





2020年10月5日平成30年度, 日本語教育能力検定試験 解説