平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題2(2)解説

(2)あたらし

 最後の「い」が無くなってる、つまり長音の脱落で拍の長さが変わっています。

 1 ただ読み方を間違っているだけです。
 2 長音の脱落で拍の長さが変わってます
 3 撥音の脱落で拍の長さが変わってます
 4 促音の脱落で拍の長さが変わってます

 したがって答えは1です。

 





2020年9月17日平成25年度, 日本語教育能力検定試験 解説