平成25年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(11)解説

(11)「ほど」の用法

 「ほど」は4つの用法があります。

 ①量がそれに近い (友だちと3時間ほど電話で喋ってた。)
 ②程度 (外食するほどの金銭的な余裕はない。)
 ③比較 (今年の冬は去年の冬ほど寒くはない。)
 ④比例の変化 (考えれば考えるほど訳が分からなくなる。)

 1 程度を表す「ほど」
 2 程度を表す「ほど」
 3 程度を表す「ほど」
 4 程度を表す「ほど」
 5 量がそれに近いことを表す「ほど」で、「約」に置き換えられます

 したがって答えは5です。

 参考:【N4文法】~ほど(程)





2020年9月16日平成25年度, 日本語教育能力検定試験 解説