平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題3C解説

(9)モダリティ表現

 モダリティとは、命題に対する認識や判断を表す表現や聞き手に対する表現のことを指します。たとえば「たぶん」「かもしれない」「はずだ」「だろう」などは主観的な判断が含まれている表現なのでモダリティ表現です。終助詞の「~ね」「~よ」「~な」なども聞き手に対する表現なのでモダリティ表現です。

 選択肢は全てモダリティ表現で、話し手の判断、気持ちが含まれています。この中に形式名詞が含まれているものはどれですかという問題ですが、その前に形式名詞について。

 形式名詞とは、それだけでは実質的な意味がないか、あるいは元々の意味が薄くなっている名詞のことです。例えば「早く起きることができない」の「こと」は意味が薄くなってる形式名詞です。節を名詞化する機能があるので、この観点から各選択肢を見ていきます。

 1 「らしい」は「らしくない」みたいにイ形の活用をしてます。そもそも品詞は名詞じゃないです。
 2 「べき」は節を名詞化する機能がなさそうです。「今すべきことは」みたいに「こと」がないと名詞句になれないので。ちなみにこの「こと」は形式名詞です。
 3 「~だろう」は節を名詞化する機能はありません。
 4 「やるつもりはない」みたいに、名詞句「やるつもり」を作れてます。

 したがって答えは4です。

 参考:ヴォイス・アスペクト・テンス・モダリティについて

 

(10)補足節

 1つの文に主語と述語が2つずつ含まれる複文は、主節と従属節の2つに分けられます。従属節はさらにその機能から5つに分けられます。

連体修飾節
名詞修飾節
名詞を修飾する節 彼女が作った料理を食べた。
腐った弁当を捨てた。
昨日買った服を着て行く。
補足節
(名詞節)
「の」「こと」によって
名詞句化された節
彼女が結婚することを噂で聞いた。
床に散らばっているのを掃除する。
彼らがここにいたことを忘れないでください。
引用節 発言等を引用する節 彼女は、私は結婚しないと言った。
私は、それは間違いだと思う。
もう二度としないと誓った。
副詞節 原因・理由・目的・条件などを表し、
主節の述語を修飾する節
彼が来ないと始まらない。
旅行するためにアルバイトしたい。
人に聞かれないようにこっそり話す。

 補足節は「の」や「こと」で名詞句化したものなので、それを探してみます。

 1 補足節 「彼女が結婚すること」が名詞句
 2 副詞節(条件節)
 3 「連絡すること」は主節です。
 4 「うらやましいことだ」は主節です。

 したがって答えは1です。

 

(11)従属節

 「とりあえず入学はしたものの、何を勉強すればよいか分からない。」のうち、「とりあえず入学はしたものの」は原因を表す副詞節(従属節)で、「何を勉強すればよいか分からない。」は主節です。このうち形式名詞「もの」は従属節に含まれています。 

 したがって答えは3です。

 

(12)文法化

 文法化とは、動詞や名詞の実質的な意味が失われ、機能的な表現へと変化することです。例えば、「”資本論”という本」の「いう」は、元々の「言う」の意味が失われ、文法的な機能を持つようになってます。
 形式名詞の「こと」「もの」「わけ」なども文法化によって実質的な意味が失われました。

 1 「いう」は、元々の「言う」の意味を失っています。
 2 「して」は、元々の「する」の意味を失っています。
 3 「したがって」は、元々の「従う」の意味を持っています。
 4 「もって」は、元々の「もつ」の意味を失っています。

 3だけ文法化していません。
 したがって答えは3です。

 





2020年10月4日平成24年度, 日本語教育能力検定試験 解説