平成24年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(5)解説

(5)接頭辞と品詞の変化

 接頭辞を除いた部分の品詞と、接頭辞を加えた形の品詞を比較してみます。

選択肢 接頭辞なし
不利益な(ナ形) 利益(名詞)
不注意な(ナ形) 注意(名詞/サ変)
不都合な(ナ形) 都合(名詞)
不規則な(ナ形) 規則(名詞)
不満足な(ナ形) 満足(名詞/サ変/ナ形)

 各選択肢は「な」で終わってるのでナ形容詞です。接頭辞「不」を取ってみると、選択肢5だけがナ形としても使えます。
 品詞の変化がないのは選択肢5だけです。

 したがって答えは5です。

 





2020年9月16日平成24年度, 日本語教育能力検定試験 解説