平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題4解説

問1 談話構造

 教室ではIRE/IRF型を基本パターンとした談話が行われます。
 IRE/IRF型(IRF/IRE型)とは、教室における談話の基本構造のことです。教師による発話(Initiation)、学習者の応答(Response)、評価/フィードバック(Evaluation/Feedback)の順で談話が行われます。
 会議や雑談ではこのようなパターンが見られず、異なる構造をもっています。

 この問題の「役割関係」とは、その場の参加者で談話を作り上げるときに、それぞれの参加者が持っている役割のことです。例えば教室では、教師は学習者に質問を投げかけるという役割があり、学習者はそれに答える役割があり、教師はさらにそれにフィードバックをする役割があります。これがIRE/IRF型です。一方、会議談話では、進行役が一時的に進行する役割を持ちますが、話し合いになると全ての参加者が質問を述べたり、受け答えしたり、肯定否定をする等の役割を持っています。

 1 授業における参加者の役割は決まっており、会議では決まっていません。役割を割り振る人物は存在しません。
 2 参加者の役割関係は、会議では一時的なものですが、教室談話が教室外に持続することは基本的にありません。
 3 正しいです。教室では知識を教えるのでIRE/IRF型が現れますが、会議はそうではありません。この社会的な役割が異なることで、談話構造も変わってきます。
 4 参加者の社会的な役割は、授業では決まっていますが、会議では決まっていません。

 したがって答えは3です。

 

問2 IRE/IRF型

 IRE/IRF型(IRF/IRE型)とは、教室における談話の基本構造のことです。教師による発話(Initiation)、学習者の応答(Response)、評価/フィードバック(Evaluation/Feedback)の順で談話が行われます。

 1 「どっちがいい?」⇒「りんご」⇒フィードバックなし
 2 「今何時?」⇒「4時」⇒「そうだね」
 3 「お名前は?」⇒「◯◯」⇒「よくできました」
 4 「これは何?」⇒「ぞうさん」⇒「そうだね」

 したがって答えは1です。

 

問3 場面を作り上げている要素

 教室では常にIRE/IRF型が現れるというわけではなく、学習者の興味を引くためにあえて雑談を挟んだり、脱線したりすることもあります。そのような新しい場面を作り上げるために用いられる手段を問う問題です。

 1 正しいです。
 2 未習表現と既習表現を使い分けるだけでは、新しい場面を作り上げることはできません。
 3 正しいです。
 4 正しいです。

 したがって答えは2です。

 

問4 談話標識

 談話標識/ディスコースマーカー (discourse marker)とは、談話において、その後どう続くかを知る手がかりとなる言葉のこと。例えば、「でも」は反論、「ところで」は話題転換、「すみません」は会話の切り出しの合図となる。

 したがって答えは2です。

 

問5 教室談話についての知識

 1 教師研修は有効とは言えない方法を排除するためにも行われますが、IRE/IRF型やパターン・プラクティスは学習者にとって有効です。
 2 正しいです。
 3 正しいです。
 4 正しいです。

 したがって答えは1です。

 





2020年7月21日平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説