平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題13解説

問1 言及用法

 聞き手を指す対称詞(二人称)には、相手を呼ぶ言葉には相手の注意を引くための呼びかけ語と、文章内で相手に言及する言及語があります。
 この2つを明確に区別できない場合もありますが、この問題の場合は比較的分かりやすいです。

 1 呼びかけてるので呼びかけ語
 2 呼びかけてるので呼びかけ語
 3 呼びかけてるので呼びかけ語
 4 マイクさんについて取り上げているので、言及語

 したがって答えは4です。

 

問2 三人称の使い方

 選択肢1
 会話の中で不特定の人物に言及する場合は「その人」「あの人」などを使います。特定できる場合は「彼」「彼女」が使いやすくなります。

 A:昨日の夜、不審者見た
 B:その人どんな様子だった?
 B:彼どんな様子だった? (✕)

 選択肢2
 呼びかけで「看護師さん!」って使えますし、会話の中でも「看護師さん」と使えます。

 選択肢3
 社外の人に対して自分の上司に言及する場合は、地位名称をつけずに直接苗字で呼びます。これはビジネス日本語でよく取り上げられる注意点ですね。

 A:(電話で)田中さんいらっしゃいますか?
 B:田中はただいま席を外しております。
 B:田中部長はただいま席を外しております。(✕)

 選択肢4
 自分の外の人の配偶者に言及する場合は、「奥さん」「旦那さん」などを用います。

 したがって答えは1です。

 

問3 親族名称

 1 妻が夫に「お父さん」と呼びかけるのは一般的です。
 2 自分の祖母が自分の母に対して「お母さん」と自称することはできますが、母が祖母に対して「お母さん」と自称することはできません。この場合「私」や名前で自称します。
 3 「◯◯ちゃんのお母さん」など、親族以外の人物に呼びかける場合にも親族語は使えます。
 4 「◯◯の母は私です。」など、親族以外の人物に対して自称する場合にも親族語は使えます。

 したがって答えは2です。

 

問4 「あなた」の使い方

 1 部下が上司に「あなた」と言うと失礼です。「姓+さん」や地位名称を使うべきです。
 2 娘が母に「あなた」と言うのは変です。一般的に「お母さん」などと言います。
 3 店員が客に「あなた」と言うと失礼です。「お客様」などが適切です。
 4 面接官が受験生に「あなた」とよく言います。

 したがって答えは4です。

 

問5 一人称しか主語にならない文

 選択肢1
 この文は一人称と三人称しか主語になれません。

 (一人称) 〇私は来月引っ越すつもりだ。
 (二人称) ✕あなたは来月引っ越すつもりだ。
 (三人称) 〇彼は来月引っ越すつもりだ。

 選択肢2
 一人称と二人称が主語になれます。一人称の場合は自分の意志を述べ、二人称の場合は相手への勧誘、提案を表せます。

 (一人称) 〇(私は)今年の冬は北海道に行こう。
 (二人称) 〇(あなたは)今年の冬は北海道に行こう。
 (三人称) ✕彼は今年の冬は北海道に行こう。

 選択肢3
 「~たい」は原則一人称主語にしか使えない表現です。二人称、三人称に使う場合は「~たがっている」「~みたいだ」「~ようだ」「~らしい」等の形を取らなければいけません。

 (一人称) 〇(私は)何か冷たいものが飲みたい。
 (二人称) ✕(あなたは)何か冷たいものが飲みたい。
 (三人称) ✕(彼は)何か冷たいものが飲みたい。

 選択肢4
 「~がっている」は二人称、三人称の願望を表す文法です。一人称には使えません。

 (一人称) ✕私は亡くなった母を恋しがっている。
 (二人称) あなたは亡くなった母を恋しがっている。
 (三人称) 彼は亡くなった母を恋しがっている。

 
 まとめるとこう。

 したがって答えは3です。

 





2020年9月28日平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説