平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅲ 問題1解説

問1 授受動詞の使い分けの基準

 「あげる(やる)」「預ける」「貸す」「売る」などの行為がウチからソトへ向かうものが遠心的、「くれる」「もらう」「借りる」「買う」などの行為がソトからウチへ向かうものが求心的です。授受表現はこの2つの観点からも分類することができます。

 また、「あげる」と「くれる」は主語が与え手になるのに対し、「もらう」は主語が受け手になります。この観点から見ても授受表現は分類できます。

 したがって答えは1です。

 

問2 授受動詞の格助詞の使い方

 文章中には「授受動詞が補助動詞として用いられる場合は行為の授受を表す」とあります。これは「彼は私の宿題を手伝ってくれた」のことです。「手伝う」の後ろに「くれた」を付ける、この「くれた」が補助動詞です。
 逆に「くれた」を補助動詞ではなく本動詞として使ってみると「彼は私に指輪をくれた」となります。これは物の授受を表してます。

 物の授受は「~は~に~をくれた」になりますが、行為の授受は「~は~を~てくれた」になってます。格助詞の使い方が異なるというのはこういう話を言ってるのかなと思います。

 選択肢1
 「買ってくれた」とすべきです。動詞選択の誤りです。

 選択肢2
 「焼いてくれた」とすべきです。動詞選択の誤りです。

 選択肢3
 上の説明通りです。
 この文は「手伝ってくれた」と補助動詞があり行為の授受を表していますので、基本的な文型は「~は~を~てくれた」を取ります。しかしここでは「友達が私に宿題を手伝ってくれた」と、物の授受と同じ文型を取っています(友達が私に宿題を手伝った)。物の移動を伴うかどうかで文型が変わるということを知らずに間違っています。ここでは「私に宿題を」ではなく、「私の宿題を」がより自然です。
 ※ちなみに「教える」「借りる」などの三項動詞は「彼は私に日本語を教えてくれた」のように、行為の授受でも「~は~に~を~くれた」の形を取ります。補助動詞「くれる」によって文型が変わっているわけではなく、動詞が取る項が3つ必要だからこうなっているだけ。だから下線部Bの言いたいこととは別物です。

 選択肢4
 「貸してもらった」とすべきです。動詞選択の誤りです。

 したがって答えは3です。

 

問3 恩恵の意味を表さない用法

 1 「合わせてあげると」は非恩恵的(恩恵が誰にも向かってない)
 2 恩恵的 「雨」からの恩恵
 3 恩恵的 「友達」に対する恩恵
 4 恩恵的 「母」からの恩恵

 したがって答えは1です。

 

問4 授受動詞の待遇表現

 選択肢1
 「やる」よりも「あげる」のほうが丁寧です。

 選択肢2
 その通りです。一般的な命令形への活用からすると「くださる」の命令形は「くだされ」になるはずですが、実際は「ください」です。不規則な活用になっています。

 選択肢3
 目下の人が目上の人にお土産を買ったときに「私は部長にお土産を買って差し上げた」というと押しつけがましく失礼になることがあります。目下から目上への使用は義務的ではなく、このように使いにくい場合もあります。「使用が義務的」の部分が誤りです。

 選択肢4
 「あげる/差し上げる」「もらう/いただく」「くれる/くださる」のような不規則な活用のことを指しています。意味は同じで敬意に差があるだけなのに語形が違うところが不規則です。

 したがって答えは3です。

 

問5 授受を表す他の動詞との差異

 選択肢1
 「くれる」は「彼が指輪をくれた」や「雨が降ってくれた」のように、有情名詞も無情名詞も主語にとることができます。
 授受を表す「与える」は「先生は課題を与える」や「この作品は人々に大きな影響を与えた」のように、有情名詞も無情名詞も主語にとることができます。

 選択肢2
 「もらう」は恩恵表現です。
 授受を表す「受ける」には、「ボールを受ける」に見られるように恩恵の意味は含まれていません。

 選択肢3
 「あげる」には、「彼女に指輪をあげる」のように物の移動の用法があります。
 授受を表す「渡す」には、「お金を渡した」のように物の移動にしか使えません。

 選択肢4
 「やる」は常に恩恵的です。
 授受を表す「出す」は「宿題を出す」のように、恩恵の意味は含まれていません。

 したがって答えは2です。

 





2020年10月23日平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説