平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題11解説

問1 対者敬語

 敬語は以下の5つに分類されます。

素材敬語 尊敬語 相手側又は第三者の行為・ものごと・状態などについて、その物を立てて述べるもの。
 例)いらっしゃる、おっしゃる、なさる、召し上がる、お使いになる、御利用になる、読まれる、始められる、お導き、御出席、(立てるべき人物からの)御説明、お名前、御住所、(立てるべき人物からの)お手紙、お忙しい、ご立派
謙譲語Ⅰ 自分側から相手側又は第三者に向かう行為・ものごとなどについて、その向かう先の人物を立てて述べるもの。
 例)伺う、申し上げる、お目に掛かる、差し上げる、お届けする、御案内する、(立てるべき人物への)お手紙、御説明
対者敬語 謙譲語Ⅱ
(丁重語)
自分側の行為・ものごとなどを、話や文章の相手に対して丁重に述べるもの。
 例)参る、申す、いたす、おる、拙著、小社
丁寧語 話や文章の相手に対して丁寧に述べるもの。
 例)です、ます
敬語に準じるもの 美化語 ものごとを、美化して述べるもの。
 例)お酒、お料理

 上の表の素材敬語とは、話題の中の人物(素材)への敬意を表すものです。
 対者敬語はその場にいる人物(素材)に対するものではなく、自分側の行為・ものごとなどを、話や文章の相手に対して丁重に述べるものです。

 
 選択肢1
 「差し上げる」は、「与える/やる」の謙譲語です。
 自分から相手に向かう行為なので謙譲語Ⅰです。(素材敬語)

 選択肢2
 「存じ上げる」は、「知る」の謙譲語です。
 相手の状態・物事などを自分が「知る」ので謙譲語Ⅰに分類されます。(素材敬語)

 選択肢3
 「伺う」は、「行く/訪問する/聞く」の謙譲語です。
 相手の場所に自分が「行く」ので謙譲語Ⅰに分類されます。(素材敬語)

 選択肢4
 「申す」は、「言う」の謙譲語です。
 「言う」は自分の行為で丁重に述べているだけ。謙譲語Ⅱです。(対者敬語)

 選択肢4だけが謙譲語Ⅱ、つまり対者敬語です。
 答えは4です。

 

問2 絶対敬語と相対敬語

 現代では、上司と部下などの上下関係の間でも敬語は使われますが、自社と他社などの平等な関係においても使われています。これは上下関係ではなく、ウチ(自社)とソト(他社)の関係です。ウチとソトは場面においてその範囲が変動します。

 ということで答えは3です。

 

問3 尊敬語の誤用

 1 誤用はありません。
 2 誤用はありません。
 3 誤用はありません。
 4 「来る」は先生の動作ですので、尊敬語「来られました」「いらっしゃいました」を使うべきです。ここでは相手の行為に謙譲語Ⅱ「参られました」を使っているのではっきり誤用です。

 したがって答えは4です。

 

問4 謙譲語Ⅰ

 1 「いらっしゃる」は相手の行為 ⇒ 尊敬語
 2 「お届けする」は相手に向かう自分の行為 ⇒ 謙譲語Ⅰ
 3 「ご利用する」は相手の行為 ⇒ 尊敬語
 4 「ご覧になる」は相手の行為 ⇒ 尊敬語

 したがって答えは2です。

 

問5 美化語

 美化語は物事を美化して述べます。つまり美化語には相手が必要なく、物事を綺麗に言うだけです。

 1 美化語
 2 尊敬語(相手のことなので)
 3 謙譲語Ⅰ(相手に対する自分の説明なので)
 4 尊敬語(相手の住所なので)

 したがって答えは1です。

 





2020年9月28日平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説