平成27年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題10解説

問1 処理可能性理論/学習可能性理論 (Processability Theory)

 処理可能性理論/学習可能性理論
 ピーネマン (Pienemann)が提唱した仮説で、人は言語処理レベルが単純なものから習得し、複雑なものほど後に習得されるというもの。語は最も単純で習得しやすいが、句や文になると複雑になるので習得しにくいとされている。
 
 選択肢4がそうです。小さい単純なものから習得し、徐々に複雑なものへ習得が進んでいきます。
 したがって答えは4です。

 参考:第二言語習得理論についてまとめ!

 

問2 言語適性

 言語適性とは、外国語を学ぶために必要とされる能力のことです。簡単に言うと、言葉を学ぶときのセンスがあるかどうか。

 
 選択肢1
 これはカナルとスウェインが提唱した、コミュニケーションを行うための4つの能力のうちの一つ、社会言語能力です。

談話能力 言語を理解し、構成する能力。会話の始め方、その順序、終わり方などのこと。
方略能力
(ストラテジー能力)
コミュニケーションを円滑に行うための能力。相手の言ったことが分からなかったとき、自分の言ったことがうまく伝わらなかったときの対応の仕方のことで、ジェスチャー、言い換えなどがあてはまる。
社会言語能力
(社会言語学的能力)
場面や状況に応じて適切な表現を使用できる能力。
文法能力 語、文法、音声、表記などを正確に使用できる能力。

 選択肢2
 これは言語学習のセンスが問われるので言語適性と言えます。

 選択肢3
 これは性格によるものが大きいと思います。

 選択肢4
 認知スタイルの「あいまいさへの寛容度」の話をしてます。認知スタイルとは、情報の知覚、符号化、体制化、記憶などに対して個人が一貫して示す方法のことです。これは話が長くなるので、とりあえず「あいまいさへの寛容度」についてだけ述べます。
 何か学習するとき、自分が理解できない状態に対する耐性が高いタイプと低いタイプがいます。例えば聴解問題でひとたび理解できない単語や文が来ると、もうそれに耐え切れず諦めてしまうみたいなタイプは「あいまいさへの非寛容」と言います。こういうのに耐えながら、苦しみながら、一つずつ解き明かしていこうとするのが「あいまいさへの寛容」です。

 
 選択肢の中で最もセンスが問われるのは2でしょう。答えは2です。

 

問3 ビリーフ

 ビリーフ(学習ビリーフ)とは、どのようにすれば言語を習得できるかという考え方、信念のことです。教師のビリーフと学習者のビリーフが一致すると学習にはプラスに働きます。例として、教師は言語形式を重要視し、学習者は意味を重要視していたら、お互いのビリーフは異なっているので学習に対してマイナスに働く可能性があります。

 1 ビリーフはその人の考え方なので、正しい場合もあるし間違っている場合もあります。ビリーフに沿ったやり方を取ったからと言って必ずしも効率的とは限りません。
 2 経験を重ねると考え方も当然変わります。
 3 学習者のビリーフは、学習方法に当然影響します。
 4 上達するにはネイティブと会話するのが一番いいと思っていても、近くにネイティブがいない場合もあります。ビリーフと行動は必ずしも一致しません。

 したがって答えは1です。

 

問4 適性処遇交互作用

 適性処遇交互作用とは、学習者の適性(特性)と処遇(指導法)には交互作用があり、その2つの組み合わせにより学習効果に差が出るというものです。

 1 誤りです。
 2 誤りです。
 3 適性処遇交互作用の記述です。
 4 誤りです。

 したがって答えは3です。

 

問5 補償ストラテジー

 学習ストラテジーとは、効率よく学習するためにとられる方策のことです。以下の6つに分けられます。

直接 記憶 記憶するために用いられるストラテジーのこと。知識と知識の知的連鎖を作ったり、語呂合わせなどで音やイメージを結びつけたり、繰り返し復習したり、単語カードを使ったりなどが挙げられる。
認知 理解を深めるために用いられるストラテジーのこと。メモしたり、線引きしたりなどが挙げられる。
補償 足りない知識を補うために用いるストラテジーのこと。分からない言葉を文脈から推測したりするなどが挙げられる。
間接 メタ認知 言語学習を間接的に支える間接ストラテジーのうち、学習者が自らの学習を管理するために用いるストラテジーのこと。学習のスケジューリングをしたり、目標を決めたりすることなどが挙げられる。
情意 学習者が自らの感情や態度や動機をコントロールするために用いるストラテジーのこと。自分を勇気づけたり、音楽を聴いてリラックスしたりすることなどが挙げられる。
社会的 学習に他者が関わるストラテジーのこと。質問をしたり、他の人と協力することなどが挙げられる。

 1 他人が関わっているので社会的ストラテジー
 2 推測ときたら補償ストラテジー
 3 感情面のケアがあるので情意ストラテジー
 4 理解を深めようとしてるので認知ストラテジー

 したがって答えは2です。

 





2020年10月1日平成27年度, 日本語教育能力検定試験 解説