平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(9)解説

(9)受け身

 受身文は直接受身と間接受身に分けられます。簡単に言うと、能動文が作れたら直接受身、作れなかったら間接受身です。
 詳しくは「日本語の受身文、受動文の種類について」を参考にしてください。

選択肢 能動文 分類
先月入学式が行われた 先月入学式を行った 直接受身
(私は)失敗して笑われた 失敗して(私を)笑った 直接受身
この建物は10年前に建てられた 10年前にこの建物を建てた 直接受身
(私は)仕事中に客に来られた 対応する能動文なし 間接受身
(私は)仕事で上司に褒められた 上司は仕事で(私を)褒めた 直接受身

 選択肢4だけ能動文を作れませんでした。「客は仕事中に来た」の中に「私を」や「私に」を挿入することができません。
 したがって答えは4です。

 参考:日本語の受身文、受動文の種類について





2020年9月16日平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説