平成26年度 日本語教育能力検定試験 試験Ⅰ 問題1(7)解説

(7)「で」の用法

 「で」の用法は多すぎます。困った格助詞です…。

動作の場所 あそこで事故があったらしい。
範囲 日本で最も大きい都道府県は北海道。
手段・方法 ここでは小さい声で話してください。
材料 この歯車は真鍮でできている。
理由・原因 台風で休校になった。
状態 すっぽんぽんで歩き回る。
数量 一人で散歩する。
事柄の成立に必要な物の量 3日で全部暗記する。
動作主 荷物は自分で持て。

 1 場所・範囲の「で」
 2 場所・範囲の「で」
 3 動作の主体の「で」
 4 場所・範囲の「で」
 5 場所・範囲の「で」

 選択肢3の「で」は場所としても理解できますが、騙されてはいけません。「我が社はこの事業を取り組んでいきます。」とデ格を主語にすることができます。場所じゃないです。この用法は「~によって」に置き換えることができます。

 したがって答えは3です。

 参考:格助詞「で」の用法





2020年9月16日平成26年度, 日本語教育能力検定試験 解説